空撮

「まるですばらしい夢の中に飛び込んだようだった。旅をするならこの方法以外にありえないよ、とハリーは思った。 — 白雪のような雲の渦や塔を抜け、車一杯の明るい暖かい陽の光、計器盤の下の小物入れにはヌガーがいっぱい...」 ― J・K・ローリング『ハリー・ポッターと秘密の部屋』