facebookカバー写真の作成方法

Facebookは数年間で大きく変化しました、現在では個人専用のプロフィールを作成できるカスタム機能が数多くあります。これには、プロフィール写真の上側にあるカバー写真が含まれ、ページの題字の役割を果たしています。カバー写真は公開されるため、お気に入り写真、旅行での風景写真、または友人とのグループ写真といったあなたを表す写真を選択することをお勧めします。小規模のビジネスでは、カバー写真を活用してブランドを構築できるメリットも得られます。以下では、サイトのサイズにフィットするFacebookカバー写真を作成する方法、およびその画像をプロフィールにアップロードする方法を概説しています。 


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます! ライブラリのコレクションをご覧ください


カバー写真のサイズとは何ですか?
コンピュータに表示されるカバー写真は高さが 315ピクセル、幅が828ピクセルです。一方、スマートフォンには同じ写真がサイズ360 x 640で表示されます。写真は必要最小限で幅が720ピクセル必要ですが、サイズが315 x 851のJPEGを作成することをお勧めします、そうすると写真がシャープに見えるだけでなく短時間でロードできるからです。(傍注:カバー写真にテキストやロゴを付けると、PNGファイルとして素早くロードされます。)

カバー写真を選択するためのガイドライン

  • 主題を右揃えにする: Facebookプロフィールのレイアウトは常に、プロフィール写真が左側に配置されるため、画面の右側にフォーカスを当てたカバー写真を選択する方がはるかに見栄えが良くなります。これによりページ全体の見栄えのバランスが取れるため、乱雑な感じを与えず、視覚効果を失うこともありません。   

  • プロフィール写真を統合する:次に、プロフィール写真はカバー写真に隣接しているため、創造力を働かせて2枚の画像が相互に影響し合うよう工夫します。よく使われるコツですが、2枚の写真を組み合わせることで連続した写真のごとく見えるようにして、ロゴをプロフィール写真の中央に配置します。この作業を行う場合は、写真をデスクトップに合うように最適化することをお勧めします、この最適化によりエフェクトがはるかに明確に反映されるからです。 

  • 過度にテキスト専用にしない: カバー写真が最初に導入された時、Facebookにはカバー写真のスペースの20%以上をテキスト専用にすることを防ぐためのルールがありました。そのルールはもう存在しませんが、カバー写真の取り扱いにおいては今でも優れたガイドラインです。テキストを多用し過ぎると写真のビジュアル要素を損なわせることになり、ページの訪問者は関心を示さなくなります。せいぜい、いくつかの言葉だけを使用し、それらを含める前に絶対に必要であるかどうかを確認する必要があります。    


カバー写真を追加する
Facebookカバー写真を作成する方法を説明しましたが、それを最適化したらページにどのようにアップロードしますか?次に基本ステップを示します:

  1. 最初にプロフィールのページをロードします。カバー写真のセクションの左上隅にカーソルを重ねると、カメラのアイコンが「カバー写真を追加する」または「カバー写真をアップデートする」という表現と共に表示されます。 

  2. カメラのアイコンをクリックすると、別のメニューが開きます、そのメニューには新規写真をアップロードするか、現在のFacebookアルバムから写真を選択するというオプションがあります。 

  3. 写真を選択すると、それを好みに合わせて位置を変更することができます。マウスで写真をクリックしたままドラッグします。見栄えに問題がなければ、保存をクリックします。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?