Photoshopで直線を描画する方法

Photoshopには線を描画する「絶対的な」方法はありません。アーティストやデザイナーたちは、時間の経過とともに独自の方法を開発し、快適なツールを選択します。[Line]、[Pen]、[Brush]のどのツールを使用していても、さまざまな方法でクリエイティブなプロジェクトにアプローチし、同じ結果を得ることができます。この実践ガイドでは、Photoshopの多くの描画ツールを使用して線を描画する方法を紹介します。 

[Line]ツール

[Line]ツールを表示するには、メインツールバーの[Rectangle]ツールをクリックしたままにします。これにより、多数のシェイプツールを備えたサブメニューが表示されます。任意のシェイプツールを有効にしている場合は、上部のオプションメニューから[Line]ツールを選択することもできます。

では、[Line]はなぜシェイプツールと見なされるのでしょうか?本質的に[Line]ツールは線ではなく細い四角形です。[Fill]と[Stroke]のカラーが同じであるために線のように見えます。ラインを中空にしたい場合は(長方形のように)、[Fill]カラーをオフにします。

[Line]ツールを使用すると、簡単に直線を描画できます。クリックして任意の方向にドラッグすると、新しい直線が作成されます。完全に水平または垂直の直線を描画したい場合は、Shiftキーを押しながらドラッグすると、Photoshopが残りの部分を処理します。

Photoshopで直線を描く方法を習得したら、いくつかの高度なラインオプションを使用して点線や破線を作成することができます。これらのオプションにアクセスするには、オプションバーの左側にある[Stroke Options]アイコンをクリックし、[More Options]を選択します。ここでは、カスタムラインプリセットの保存、破線の有効化、ダッシュと隙間の長さの選択ができます。   

[Brush]ツール

次に、[Brush]ツールも直線を描画するときに効果的に使用できます。また、カスタムブラシスタイルを作成すると、[Line]ツールよりも多彩な機能が使用できます。[Brush]ツールは、メインツールバーにありますが、シェイプツールとは別の領域にあります。

[Brush]ツールでShiftキーを押しながら描画すると、任意の方向に完全な直線を作成できます。複数の線分でシェイプを作成するには、Shiftキーを押しながら線を引きマウスを放します。再度Shiftキーを押した状態で、最後の線の端点から描画を開始して新しい線分を作成します。

[Line]ツールと同様に、[Brush]には、硬度、不透明度、ブラシスタイルなど、上部のオプションバーで調整できるさまざまなストローク設定があります。すでに実行ブラシストロークに対して、設定の変更を遡って適用することはできません。設定の調整は、線を描画する前に実行することをお勧めします。

[Pen]ツール

最後に、[Pen]ツールは直線と曲線を描画するために非常に便利に使用できます。メインツールバーのペンの形のアイコンをクリックして[Pen]を選択し、画像を一度クリックして開始点を設定し、再度クリックして終了点を設定します。 Photoshopは、画像上のどこに位置していてもこの2つの点の間に自動的に直線を作成します。これらの点を設定しているときにShiftキーを押した状態にすると、45度と90度の角度の線分が作成されます。 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?