Photoshopで画像を鮮明にする方法

Photoshopを使用すれば画像を様々な方法でシャープに仕上げることができます。最も簡単な方法の1つは、写真のエッジ部分を素早く強調するハイパスフィルタです。


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます! ライブラリのコレクションをご覧ください


次に、ハイパスを使用して画像をPhotoshopでシャープに仕上げる方法を示します:

  1. 画像ファイルをロードしたら、拡大鏡ツールをダブルクリックして画面を画像一杯にします。次に、CTRL+Jを押して現在のレイヤーをコピーします。 

  2. 最上部のレイヤーを選択してから、フィルタ > その他 > ハイパスの順に進みハイパスフィルタを適用します。新規ボックスが半径ピクセル数を含むフィルタ設定とともに表示されます。およそ2ピクセルをお勧めしますが、見栄えに満足するまで他の数字を試してください。理想的には、ハイパスが適用された画像はエッジ部分がシャープに仕上がり、ハローイングは発生しません。 

  3. ハイパスレイヤーを選択したまま、ブレンドモードを「ハードライト」に変更します。レイヤーパレットでブレンドモードのドロップダウンメニューを見つけます、レイヤーのリストのちょうど上です。 

  4. ただし、ハイパスフィルタで画像をシャープに仕上げる場合、望ましくないノイズが発生することもあります。ハイライトを常に滑らかにするには、ハイパスレイヤーをオフにして(「目」アイコンをクリック)、最下部レイヤーを選択します。次に、選択メニューに進み「カラーレンジ」を選択します。 

  5. ここでカラーレンジを使用してハイライトの場所を決定し、それらを画像の残りの部分から分離します。好みに合わせてハイライトが充分設定できるまで、「ファジー」および「レンジ」スライダを操作します。ハイライトがほとんどない場合、画像の暗いセクションから明るいセクションへの変化は急すぎるので微妙なグレーがより多く可能な設定を選択します。この操作はより自然なブレンドエフェクトを作成します。カラーレンジ設定に問題がない場合は、OKをクリックします。

  6. ここで画像ハイライトの周りにラインがかすかに光っているのが見えますが、選択したものを「反転」させて暗い部分を調整します。そのためには、Shift+コマンド+Iを押します。 

  7. 次に、マスクアイコンをクリックして現在のレイヤーで有効にします。Alt (またはオプション)を押したままにすると、マスクが実際に表示されます、これはハイパスフィルタが少し過剰であるかどうかを判断する優れた方法です。シャープさを控えめにするには、ハイパスを設定したレイヤー設定に戻り、半径ピクセル数を低くします。 

  8. 最後に、ハイパス方法はほとんどの場合で画像の背景をシャープに仕上げますが、自然な被写界深度に影響を与えます。これを解決するには、マスクが有効なハイパスレイヤーを選択してから、ソフトな黒色のブラシを使用して背景全体および画像のぼかした部分を暗くします。 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?