Photoshopで画像をフェードする方法

Adobe Photoshopのレイヤーツールの強力な機能を使用して、画像間の自然なブレンドを簡単に作成できます。次にPhotoshopで画像をフェードする方法を概説します。背景にブレンド、グラデーションエフェクトを使用して2つの画像をブレンド、または1つの画像をわずかに透明することができます。


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます。ライブラリのコレクションをご覧ください


画像の1つのセクションをフェードする

  1. Photoshopで画像を開きます。メインツールバーの[Lasso]ツールまたは[Quick Selection]ツールを使用して、フェードする画像のセクションの輪郭を描きます。[Lasso]ツールでは、このセクションを完全にフリーハンドで描くことができます。[Quick Selection]ツール(刷毛と点線の形)は画像周囲の境界を調整します。使用するツールをクリックし、画像の輪郭を描画します。  

  2. 描画後、メインメニューの[Layers]で[New]を選択し、[Layer Via Cut]を選択します。選択した領域の新しいレイヤーが作成されます。次に、[Layers]パネル(Photoshopの右下すみにあります)に移動し、[Screen]が[Layer Mode]として有効であることを確認します。このオプションはパネルの上部近くのドロップダウンメニューにあります。  

  3. [Layer Mode]オプションの横には[Opacity]スライダーがあります。不透明度のパーセンテージを増やすと、選択した領域がより透明になります。ただし、グラデーションスタイルのフェードが必要な場合は、[Gaussian Blur]を使用することもできます。メインメニューの[Filter]から[Blur]を選択し、[Gaussian Blur]を選択します。新しいダイアログボックスで[Radius]の値を大きくすると選択範囲がさらにぼやけます。編集後、[OK]をクリックします。


画像を背景にフェードする

  1. Photoshopに画像を読み込むと、[Layers]パネル内に[Background]レイヤーとして表示されます。Photoshopではこのレイヤー内の画像が移動しないように設定されていますが、オーバーライドするのは簡単です。パネルの一番下にある[New Layer]アイコン(すみが折れた紙片の形)をクリックして別のレイヤーを作成します。次に、[Background]レイヤーの画像をコピーし、それを[Layer 1]に貼り付けます。

  2. 次に、[Layers]パネルの下部にある[New Adjustment Layer]アイコン(半分塗りつぶした円の形)をクリックし、[Solid Color]塗りつぶしタイプを選択します。このレイヤーは新しい背景として使用されるため、既存の画像と調和する色を選択してください。

  3. 最後に、画像を背景にフェードするために[Gradient]ツールを選択し(白黒設定)、Shiftキーを押したままフェードする領域全体にドラッグします。


2つの画像を一緒にフェードする

  1. 1つの画像を背景レイヤーにブレンドするのと同様に、2つの画像レイヤーをブレンドする操作は簡単です。Photoshopで最初の画像を開き、[Layers]パネルの下部にある[New Layer]アイコンをクリックします。ここに2番目の画像を貼り付けます。 

  2. 次に、同じパネル上にある[Add Layer Mask]アイコン(内側に円のある小さな正方形の形)をクリックして、2番目の画像でレイヤーマスクを作成します。メインツールバーの[Gradient]ツールを選択し、Shiftキーを押したままフェードする領域を横切るラインを描きます。長いラインを描くほど、より緩やかな効果になります。 

  3. 最後に、グラデーションを適用した後でも2つの画像の一方を再配置することができます。移動させる1番目の画像がまだ[Background]レイヤーにある場合は、Altキーを押しながら[Background]をダブルクリックして変更します。フェードをさらに細かく制御するには、[Layer]パネル内の[Opacity]スライダーを調整します。この方法はレイヤー全体がより透明なります。その点に注意してください。 

  4. グラデーション、不透明度、配置に問題がない場合は、メインメニューの[File]から[Save As]を選択してプロジェクトの新しいコピーを保存します。これらの設定はいつでも元に戻す、または変更することができます。 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?