Photoshopで波打つようなテキストを作成する方法

Photoshopで波打つようなテキストを作成する方法を習得すると、より豊かな表現ができるようになります。テキストをシェイプに沿ってカーブさせる、限られたスペースにテキストを収める、または自然な手書き風にアレンジすることで、作品に独自のスタイル感や躍動感を追加することができます。テキストを効果的に見せるには、主にカーブとワープの2つの方法があります。カーブしたテキストは事前定義されたパスに沿いますが、文字自体が変形することはありません。一方、テキストのワープでは、膨らむ、絞るなどテキスト自体が特殊な形になりますが、実際にデザインとして必ずしも適切な選択とは限りません。次に[Pen]ツールと[Warp Text]ツールを使用して、Photoshopで波打つようなテキストを作成する方法を概説します。


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます。ライブラリのコレクションをご覧ください


テキストをカーブする

  1. Photoshopで作業する画像ファイルを開きます。テキストのみを作成する場合は、Ctrl + Nを押して新しいファイルを作成します。 

  2. 次に、メインツールバーの[Pen]ツールを選択します(またはPを押します)。[Pen]ツールが選択されると、一番上のツールバーが切り替わり、一連のペン関連のアイコンが表示されます。[Paths]アイコンを選択します。これはボックスに囲まれた[Pen]ツールのような形です。このオプションを使用すると、テキストの開始点と終了点を設定できます。 

  3. 開始点を作成するには、メイン画像の任意の場所をクリックします。次に、終了点にする場所をクリックすると、Photoshopはこの2点間に直線を描画します。ここから線上の任意の場所を左クリックして「アンカーポイント」を作成できます。これは、カーブしたテキストをどのように表示するかを決定します。 

  4. Ctrlを押しながらアンカーポイントをドラッグすると、アンカーポイントの位置に従って線がカーブし始めます。より複雑なカーブにするために、複数のアンカーポイントを追加することができます。カーブの作成が完了すると、テキストを追加できます。[Text]ツールを選択して(またはTを押して)、カーブ上で入力を開始する場所をクリックします。  

  5. 最後に、テキストを入力します。カーブしたテキストは、通常のテキストと同じように色、フォント、サイズを選択できます。


テキストをワープする

  1. 特定の状況では、カーブしたテキストよりもワープしたテキストのほうが良い場合があります。開始するには、[Text]ツールを右クリックし、リストから[Horizontal Type]ツールを選択します。次に、画像上に新しいテキストボックスを作成します。 

  2. ワープする前に、テキストを入力しプロジェクトに適したフォントサイズを選択してください。入力後、画面の右上すみの緑のチェックマークをクリックしてテキストを確定します。これにより、フォントサイズとスタイルが確定されますが、テキストをダブルクリックすることでいつでも変更することができます。 

  3. 次に、上部のツールバーから[Warp Text]ツールを選択します。下に曲線がある「T」のような形のツールです。新しい[Warp Text]ボックスが表示され、スタイル設定のリストが表示されます。テキストをワープする方法を選択します。各ワープスタイルの小さなビジュアル表現が表示されています。次に、より大きくワープするために、[Bend]、[Horizontal Distortion]、[Vertical Distortion]の割合を調整することができます。[OK]をクリックすると、ワープ設定が適用されます。 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?