Photoshopで口径食を生じさせる方法

Instagramのような写真共有アプリが台頭する中で、ビネットは至る所にある写真エフェクトの1つになりました。ビネットとはどのように見えるものなのか、またどのように機能するのかはご存知でしょう?
 
ビネットは本質的には人の目を写真に導く巧みなエフェクトです。このエフェクトでは写真の周辺を暗くしつつ、画像の中央を明るいままにすることで被写体の周囲のスペースが暗くなります。私たちの目は画像のより明るい部分に自然に引き寄せられます。
 
写真にビネットを作成したり追加する方法は多くありますが、ここではプロフェッショナル編集ソフトウェアでこのエフェクトを作成する方法についてお伝えします。以下では、ビネットをPhotoshopで作成する方法を概説しています。 

レンズ補正フィルターを使う方法

これがPhotoshopでビネットを最も簡単かつ素早く作成する方法です。 

  1. 最初に画像を開きます。注意を引きたい被写体が中央にある写真を使うのがベストです。
  2. メニューバーの「フィルター」をクリックし、「レンズ補正...」を選択してから、カスタムタブをクリックします。
  3. 「ビネット」セクションで、領域スライダを左側の「暗くなる」の方向に動かし、中央スライダーを好みに合わせて調整します。

マーキーツールを使用する方法

ここでは、マーキーツールを使用して同様に見えるビネットを作成します。 

  1. 最初に画像を開きます。エリプティカルマーキーツールを選択します。次に、最上部のツールバーでフェザーオプションを見つけ、ファイルの大きさに応じておよそ50-150ピクセルの半径を設定します。「アンチエイリアス」ボックスが有効であることを確認します。
  2. 次に、ビネットの形状を描き出します。そのためには、左クリックしたまま、描き出した形状を画像にドラッグします。形状に問題がなければ、マウスを離します。  
  3. ここでメニューバーの「選択」を見つけて、「反転」をクリックします。選択した部分が反転するので、それに調整を加えると、形状の外側には反映されますが画像の中央は手つかずのままです。
  4. 最後に選択した部分を暗くします。メニューバーの「画像」に進み、「調整」、「輝度/コントラスト...」の順に選択します。画像の外側を暗くするには輝度スライダーを右側にドラッグするだけです。

正しく使用すると、ビネットは人の目を引き付ける効果を示します、あるいは巧みなフレームを写真に加えます。Photoshopのような編集ソフトウェアを役立たせれば、見事な見栄えのビネットをデジタルで作成できます。
 


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます! ライブラリのコレクションをご覧ください


  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?