Photoshopでテキストの色を変更する方法

魅力的なデジタル画像を作成しようとして、色1つですべてが意図と変わってしまうことがあります。テキストの色はメインの写真との不協和音になりやすく、デザインでテキストが目立つ場合は特にその傾向が強くなります。次にPhotoshopでテキストの色を変更する方法を概説し、画像とテキストのバランスが取れた印象的なデザインを作成できるようにします。


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます。ライブラリのコレクションをご覧ください


テキストの色を変更する(編集可能)

  1. 編集する画像を開く、または新しいPhotoshopプロジェクトを開始します。次に、[Text]ツール(「T」のような形)を選択します。画像の任意の位置でクリックアンドドラッグしてテキストボックスを作成し、テキストを入力します。  

  2. 色を調整する前に、[Text option]バー(画像の上にある)の左すみにあるドロップダウンメニューをクリックして、新しいフォントを選択できます。テキストサイズ、配置、色のオプションもこのツールバーにあります。 

  3. 次に、現在のテキストカラーで塗りつぶされた四角形のボックス([Text option]ツールバーの右側にあります)をクリックして、Color Pickerを起動します。新しいウィンドウが表示され、大きいカラーセレクタとその横に薄い色相セレクタが表示されます。Color Pickerの別の領域をクリックしてカラーを選択、またはテキストボックスにカラーコードを手動で入力することができます。 

  4. 色をさらに細かく制御するには、[Color Libraries]ボタンをクリックして、Pantoneなどの特定のライブラリを表示します。このウィンドウが開いている間は、[Eyedropper]ツールを使用し、画像の任意の場所をクリックして色を取得し、テキストに使用することができます。編集後、[OK]をクリックします。 

  5. Color Pickerを使用して、各単語や文字を異なる色相に変更することもできます。変更する文字や単語を強調表示し、手順3に進みます。 


テキストの色を変更する(ラスター化)

  1. Photoshopのテキストボックスに入力するテキストはベクターを使用しますが、ラスター化されたテキストは静的なグラフィックに変換されます。ただし、ラスター化されたテキストでも簡単に色を変更できます。メインツールバーの[Color Picker](前景色)のアイコンをクリックします。 

  2. 次に、[Paint Bucket]ツールを選択します。最初の文字をクリックすると、選択した前景色に変わります。元の色の一部が縁の周りに残っている場合は、上のツールバーにある[Paint Bucket's Tolerance]設定を増加することができます。 

  3. さらに他の文字をクリックして色の変更を続けます。Command + Sキーを押して作業内容を保存します。 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?