PDFをJPEGに変換する方法

すべての人がPDFファイルの機能を理解しているわけではありません。コンピュータにあまり詳しくない人はAdobe Acrobatをコンピュータにインストールしていないかもしれません、またはPDFを開くために第一にAcrobatが必要であることを知らないかもしれません。PDFファイルのコンテンツを保持するが、誰でも開くことができる形式で転送するには、そのファイルをJPEG (またJPGとして表記)に変換することをお勧めします。


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます! ライブラリのコレクションをご覧ください

PDFを変換すると、それをMacやWindows PCで開き、別の文書に挿入したり、ウェブサイトに組み込むことができます。何よりも良いことは、高価な編集ソフトウェアを使用せずに実行できることです。以下では、PDFからJPEGに変換するための3つの異なる方法について概説しています。

オンラインのコンバータを使用する
WindowsユーザーにとってはおそらくJPEGに最も簡単に変換する方法です。これらのウェブサービスのほとんどは無料であり、すべて手間なく作業することができます。最初に、PDFファイルをサイトにアップロードする必要があります。メインページのどこかに「アップロード」ボタンがあります、そのボタンを使用してディレクトリを検索しファイルを選択します。
 
このオプションでは、PDFファイルごとに25MBの制限がある場合がありますが、ほとんどの状況で対応できる十分なスペースです。変換する前に、画像の最終品質を決定することも可能です、それは通常150 DPIに設定します。DPIをより高くすると(つまり300)、品質およびファイルサイズが劇的に向上しますが、それは必要でないこともあります。
 
ウェブサイトがPDFを変換すると、各ページはそれ自体のJPEGファイルに分離されます。[変換]をクリックする前に、JPEGが出力形式として選択されていることを確認してください。JPEGが準備されると、それらをEメールやユニークなリンクを介して直接ダウンロードすることができます。
 
プレビューの使用
Mac OS Xユーザーにとってプレビューは最適です。最初に、コントロールを押しながらクリックし、「開く方法」セクションでプレビューを選択します。複数のPDFを変換するには、それらをすべてハイライト表示してプレビューを選択します。これでファイルが同時に開くため、余分にクリックする手間が省けます。 
 
次に、ファイルメニューでエクスポート選択します。より小さいボックスが「形式」セクションと共に表示されるので、JPEGを選択します。新規ファイルを作成する前に、画像の出力品質を調整することもできます。ファイルの保存場所を選択しファイル名を変更して、[保存]をクリックします。
 
画像エディターの使用
最後に、プロ仕様の画像編集ソフトウェアを使用する場合は、画像エディターを使用してください。PhotoshopやPaintshop Proには高度な変換機能が搭載されていますが、無料のGIMPアプリケーションでも同じ機能の多くを実行することが可能です。
 
使用するエディターを選択して、PDFファイルを開きます。すべてのPDFページが鮮明な画像として表示されるように、ページを必ず画像(レイヤーではなく)としてロードしてください。この時点で作業のほとんどは既に完了しますが、画像をまだエクスポートする必要があります。GIMPを使用している場合、ファイルメニューからエクスポートを選択してからJPEG形式を選択します。PhotoshopやPaintshop Proでは、名前を付けて保存、JPEG (「ファイルタイプ」の下)の順に選択します。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?