JPEGのサイズを小さくする方法

JPEG(「ジェイペグ」と読む)は、インターネット上で最も一般的な画像形式です。写真家やグラフィックデザイナーは画質を保持しながらも大きすぎないファイルを送ることができます。Joint Photographic Experts Groupによって作成されたJPEG標準は、1992年に最初に発行され、今日の画像共有の基礎を築いています。


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます。ライブラリのコレクションをご覧ください


JPEGのサイズを小さくする方法の習得は、特にメールやソーシャルメディアでJPEGを送信する場合には重要です。解像度が高くなると、画像のピクセル数が増えて画像をフルサイズで表示したときに最も明確に認識できるディテールが追加されます。ただし、ファイルサイズも大きくなり、Webフレンドリーなコンテンツの作成では問題になる可能性があります。

一般には、1インチあたり約70ピクセルの解像度で、デジタルニーズには十分です。ファイルサイズを決める前に、画像の使用方法を検討することが重要です。たとえば、画像をサムネイルのみで表示させる場合、高解像度のファイルをWebにアップロードするためにストレージスペースを浪費するのは無意味です。次にWindowsとMacでJPEGのサイズを削減する方法を概説します。

Windowsの場合

  1. Microsoftペイントを起動する:アマチュア漫画や抽象的なアートワークでペイントを使用したことのないWindowsユーザーはいないと思いますが、ペイントで画像のサイズを変更したり解像度の調整ができることを知っているユーザーは少ないと思います。操作はとても簡単です。[スタート]>[すべてのプログラム]>[アクセサリ]の順にクリックして、ペイントを選択します。使用するコンピュータのOSがWindows 95でもWindows 10でも問題はありません。それぞれのOSにプリインストールされてたバージョンのペイントがあります。

  2. [サイズ変更]オプションを見つける: 画像のサイズを変更するには、[ホーム]タブを選択し、[イメージ]という見出しを探します。そこに[サイズ変更]オプションがあります。オプションをクリックすると、詳細な設定を含む新しいダイアログボックスが表示されます。サイズまたはピクセル数を調整する前に、[縦横比を維持する]チェックボックスをオンにして、画像の比率を維持することが重要です。 

  3. 解像度を調整する: 画像のサイズを特定の割合で調整する以外に、解像度を変更することもできます。[ピクセル]をクリックし、解像度を変更するJPEGの1インチあたりのピクセル数を決定してください。 

  4. 新しいバージョンを保存する:新しい設定で問題がない場合は、メインメニューで[名前を付けて保存]を選択します。新しいファイルとして画像を保存し、元のファイルを残しておくことをお勧めします。 


Macの場合

  1. プレピューを起動する:OS Xを搭載したすべてのMacにプレピューがプリインストールされています。この便利なプログラムでは画像ファイルを表示および編集できるため、JPEGのサイズも変更できます。プレピューで画像を開きます。[アプリケーション]フォルダ内の[プレピュー]を起動する、またはcontrolを押したまま画像をクリックして、[このアプリケーションで開く]を選択します。

  2. サイズを調整する:JPEGの調整は、メニューバーの[ツール]セクションで実行することができます。 [サイズを調整]を選択すると、新しいダイアログボックスの[サイズを合わせる]が開きます。これにより、幅/高さ、解像度、および他の値を変更することができます。平均的なユーザーの場合、値を「パーセント」に変更して、目標サイズになる数値を選択することをお勧めします。この値を変更すると、[調整後のサイズ]セクションに新しいファイルのサイズが正確に表示されます。 

  3. 新しいバージョンを保存する:[OK]をクリックすると、新しいサイズの画像の見た目が確認できます。恐れることはありません。新しいサイズに問題があれば、いつでも変更を元に戻すことができます。元に戻すには、Command + Zを押します。編集の結果に問題がない場合は、[ファイル]>[別名で保存]を選択して、新しいファイルのJPEGを作成します。 「<画像名>Small」や「<画像名> Web Version」のような新しい名前を付けて[保存]をクリックします。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?