DSLRカメラの使用方法

今日の意欲的に写真に取り組む写真家には、プロレベルの画像をデジタルSLRカメラで作成するパワーがあります。そのための技術は手が出ないほど高額でしたが、今では多くの消費者の手に届く価格になっています。おじけづくかもしれませんが、誰でも実践を充分に積めば、個人のプロジェクトでDSLRカメラを使用する方法を学ぶことができます。以下では、カメラの基本機能、最終画像を細かくコントロールできるマニュアル設定を活用する方法を概説しています。   


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます! ライブラリのコレクションをご覧ください


DSLRの仕組みはどのようなものですか?
DSLRは「"digital single-lens reflex(デジタル一眼レフ)」の略称です、デザインはクラシックな一眼レフカメラですが、デジタル画像センサーも搭載されています。DSLRで使用するレンズは1個だけですが、一般的にはそのレンズを多様なレンズタイプに取り替えます。ほとんどのモデルには標準ビューファインダー、ビューファインダーがアクセスできない場合に役立つLCDディスプレイが搭載されています。2008年以降にリリースされた多くのDSLRカメラは高解像度ビデオも撮影できることから、インディー映画製作社が好んで採用しています。 

撮影モード
DSLRカメラをマニュアルモードで使用する方法を学ぶ前に、初心者が簡単に扱える他の撮影モードがいくつかあります。 これらのモードは設定を素早く調整できるため撮影し損なうことはありません。新しいカメラを学び始めるにも絶好のモードです。数ショットを自動モードで撮影してから、次に示す設定を試してください:

  • シャッター優先: この半自動モードではシャッター速度(写真が撮れるようシャッターが開いている時間)を微調整し、絞りはカメラが自動調整します。

  • 絞り優先:シャッター優先のようにこのモードでは適切な絞り(シャッターに応じて許容される光の量)を設定し、カメラは適切なシャッター速度を出します。

  • プログラム: このモードは半自動とフルマニュアルコントロールとのギャップを埋めます。シャッター速度や絞りを変更すると、DSLRは該当する設定を調整して同じ露出を保持します。マニュアル写真の世界に踏み出す際に使えるスマートなモードです。   

  • マニュアル: 最後に、このモードではカメラをフルにコントロールします。露出を適切に設定できるように、DSLRのビューファインダーにはガイドラインに使用できる露出インジケーターが用意されています。ただし、お気に入りの設定をいつでも自由に選択可能です。 


ISO速度を設定
メインのカメラモードを快適に感じたら、ISO速度の設定を操作することをお勧めします。カメラのISO速度が速いほど、光により反応します。例えば、ISO速度が遅い(100あたり)写真を撮り、次に最速(800あたり)の写真を撮ると、その違いが直ちに分かります。 

ISOが遅い写真はピクセル化が少ないですが、カメラが遅いシャッター速度を使用することにもなり、ブレが発生する可能性が高くなります。一方、ISOが速い画像は低ライトの状況でも鮮明になります。ほとんどの場合、最も遅いISO速度を選択して光を充分に入れて画像のブレが発生しないようにする必要があります。 

絞りを設定
一方、絞り(またはダイアフラム)設定はシャッターが開く幅を決定します。それは分数「f/[数字]」で測定されます、「f」は焦点距離、「数字」は絞りのサイズです。f/8はf/13よりも絞りが大きいことを意味します。数字が大きいほど、絞りは小さくなります。この測定は「f-ストップ」という別名でも知られています。 

絞りが大きい(つまりf-ストップが小さい)場合、被写界深度が深くなり始め画像の背景にボケが発生します。反対に、絞りが小さく(f-ストップが大きく)なると、フレームの多くに焦点は合うようになりますが、カメラに入る光は少なくなります。 

シャッター速度を設定
最後に、様々なシャッター速度を操作してDSLRの性能を確認してください。シャッター速度が速いと、動きが速い被写体をキャプチャして鮮明に撮れますが、カメラに入る光の量は少ないため、画像は比較的暗くなります。逆に、シャッター速度が遅いと、動きを視覚化(餌に向かって奪取するチータなど)する魅力的なブレエフェクトを作成し、また光が多く入ります。こうした操作により、実際に暗い環境でもスマートな設定が可能になります。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?