Adobe Auditionでエコーを除去する方法

オーディオを録音するときは考慮すべき多くの変数があります。部屋によっては、他の部屋より多くの残響が自然に発生します。反射面、遠方の物体、広い空間は、すべてが一緒になりやっかいなエコー効果の原因になります。この簡単なチュートリアルでは、Adobe Auditionでエコーを除去する方法を説明します。ポッドキャスト、ムービー、楽曲のオーディオファイルをクリーンアップできます。

Adobe Auditionでエコーを除去する方法
1. 現在のAuditionプロジェクトを読み込み、エコー除去が必要なオーディオファイルを選択します。カメラや近くの機器から発生した背景ノイズを除去するには、波形の静かなセクションを選択します。このセクションを右クリックし、[Capture Noise Print]を選択します。これは、Auditionがメインオーディオとノイズを区別するのに役立ちます。

2. 選択したノイズを除去するには、[Effects]>[Noise Reduction / Restoration]>[Noise Reduction (process)]を選択します。[Select Entire File]をクリックして、オーディオを聴き、ノイズが取り除かれたか確認します。また、[Advanced]タブに移動し、[Spectral Decay Rate]を減少させゲートエフェクトをより際立たせることもできます。変更に問題がない場合は、[Apply]をクリックして保存します。

3. 次に、[Effects]>[Amplitude and Compression]>[Dynamics Processing]を選択します。これにより、全体的な波形をシャープにするために使用できる圧縮のようなエフェクトが読み込まれます。デフォルトでは、[Dynamics Processing]ディスプレイの横から斜めに伸びる対角線が表示されます。このラインを少しドラッグしてデフォルトパスの下にカーブすると、エコーに影響を与え始めます。ラインの位置を変更したり、元のオーディオとA / Bテストしたりしてください。目標の結果が得られるまで何度も確認してください。

4. [Dynamics Processing]に問題がない場合は、波形全体が選択されていることを確認し、[OK]をクリックしてエフェクトを適用します。この操作によってオーディオの振幅(すなわち音量)が低下するため、[Effects]>[Amplitude and Compression]>[Normalize]を選択して音量を元に戻します。

5. 最後に、エコーによって生成された濁った周波数のいくつかをクリーンアップします。[Effects]>[Filter and EQ]>[Parametric Equalizer]を選択します。デフォルトでは、再生する主要な7つの周波数帯と専用のローパスとハイパスのバンドがあります。これらの不要な中間周波数を除去するために必要なのは、わずか数バンドです。

バンド(とそのQ値)をブーストし、耳障りな音が聞こえるまで周波数スペクトルをゆっくりと移動させます。次に、そのバンドを0dB以下に減少させ、耳障りな部分をカットします。 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?