Adobe Acrobat StandardとProの違い

この簡単なガイドでは、Adobe Acrobatのエントリーレベルとプロフェッショナルバージョンの違いを説明します。Adobe Acrobat StandardとProのどちらが良いか。各ユーザーでニーズが異なるためどちらが良いかは一言では言えません。 このガイドを購入の参考にしてください。  

Adobe Acrobat Standard
Adobe Standard DCはAcrobatの最新バージョンです。低価格で多くの機能が利用できます。現在月額$12.99で年間サブスクリプションを購入できますが、対応はWindows版のみです。次に最新の機能を示します。 

  • シームレスなドキュメントの配信: 送信とトラックツールを利用すると、PDFを迅速にDocument Cloudに保存し、シンプルなリンクで誰にでも送信できます。受信者がファイルを開いた時間も確認できます。
  • スマートフォンまたはタブレットの操作:Adobe Readerモバイルアプリを利用すると、外出先からPDFにアクセスし整理できます。紙のドキュメントをPDFとして保存したい場合は、Adobe Scanアプリを使用してモバイルカメラで画像を取り込み変換することができます。
  • フォームへの電子署名: Acrobatの入力と署名ツール(または入力と署名ツールのモバイル版アプリ)を使用すると、タッチスクリーンやキーボードからドキュメントに署名できます。入力オプションを使用すると自動入力フォームとしてデータを保存し、以降のドキュメントに利用できます。 

Adobe Acrobat Pro
Acrobat Pro DCはStandard DCのすべての機能の他に、編集機能とビジネスサポートが追加されています。WindowsとMacで互換性があり、月額$14.99の年間サブスクリプションを購入できます。Proの次の機能が最も刺激的でしょう。

  • 複数PDFの比較: ファイル比較ツールが更新され、2つのPDFファイルの違いが分かりやすくなりました。スキャンすると包括的な結果のサマリーが生成され、追加・削除箇所が確認できます。結果をテキスト、画像、フォーマットなどでフィルターできます。  
  • PDFページの編集と削除: ProのサブスクリプションとAdobe Acrobat Readerアプリを使用して、モバイルデバイスから各ページを修正できます。iPadバージョンではテキストの編集と注釈の追加ができます。 
  • 機密情報の編集: Acrobat Proには強力な編集ツールセットが用意され、数回クリックするのみで機密情報を非表示にすることができます。 
  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?