APIとは?

アプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)を理解する最適な方法は、大きなコンセプトを取りあげる前に各語を定義することです。まず、アプリケーションについては、スマートフォン、タブレット、コンピューターにダウンロードするプログラムであるということを多くの人が知っています。これには、楽しいパズルゲーム、地図ツール、世界中の友達とつながることができるソーシャルネットワークなどがあります。次に、プログラミングとは、アプリ、ウェブサイト、オペレーティングシステムを制作する際に使用する技術です。プログラミングを行わなければ、アプリはただのアイデアに終わります。最後に、2つのアプリが互いにやり取りし、相手のアプリが持っていない情報を集められるようにするのがインターフェイスです。 

APIとは?

各語を理解できました。それでは、APIとは?簡単に言うと、プログラマーが自身のプロジェクトで活用するために別のアプリケーションを利用できるようにするのがAPIです。特定の問題を解決できるアプリがすでに存在するのに、手間をかけて同じものを開発する必要はありません。

例えばGoogleのプログラマーは、地図やGPS技術の先端を走るGoogle Mapsを他のアプリの開発者が活用できるよう、APIを制作しています。Airbnb、WhatsApp、Expediaなど、無数のアプリやウェブサイトが自身の目的のためにGoogle Mapsを使用しています。当然ながら、APIはテクノロジー業界で極めて重要です。 

APIが2つのアプリを接続する方法

APIのことを、例えば砂糖が足りないときに頼れるお隣さんだと考えてください。別のアプリの技術が必要な場合、共通の言語を使ってAPIに話しかける必要があります。基本的に、最初のアプリのリクエストを渡し、次に2つ目のアプリから得たデータを返すことで、2つのアプリ間の中間者として機能するのがAPIです。他の企業のアプリが利用できるデータを特定のもの(埋め込み型の地図、Twitterフィードなど)に制限する必要があるため、APIでアクセス可能なデータをプログラマーが明確に規定しています。   

APIがビジネスで役立つ理由

プログラマーはAPIを使用してあらゆるリソースを自由に活用し、素早くアイデアを実現して市場に製品を投入することができます。Google Maps、YouTube、TwitterやAmazonにアクセスできなければ、新しいアプリのアイデアの多くが実現不可能になります。同時に、APIを使用すれば複数のプラットフォームにかけてプレゼンスを確保できるため、大規模な企業も重宝します。他の企業がAPIを使用する際に月額の手数料を支払うため、Googleのような大企業は収益もあげています。これらの理由で、ベンチャー企業にとっても古くから続く企業にとってもAPIは便利であり、現在は15,000を超えるAPIが存在しています。 

Shutterstock APIとは?

世界最大の規模を誇るShutterstockの画像ライブラリへは、使いやすいAPIを利用して素材に簡単にアクセスできます。ユーザーはAPIを利用して、写真や画像素材の検索、製品素材やシステム用の画像を直接ダウンロードが可能です。製品に使用する素材の確認を目的に、お客様の顧客にShutterstockコンテンツへのアクセスを許可することも、お客様の社員に対しShutterstockライブラリへのアクセス権を与えることもできます。また、アフィリエイトまたは再販業者としてコンテンツを活用し、コミッションを得ることもできます。コンテンツ利用の可能性は無限です。

APIプロダクトの各オプションは、こちらで確認できます。カスタムソリューションをお求めの場合は、弊社の担当者にメール(api@shutterstock.com)でお問い合わせください。


作品に対応する高音質の音楽を探していますか?
Shutterstockは高音質のトラックをシンプルで明朗な価格で提供しています。
すぐにでも詳細をご確認ください


  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?