音楽をビデオに追加する方法

ビデオファイルをお気に入りの編集ソフトウェアにインポートしたら、ほとんどの場合、 これらのクリップと、同様に魅力的な音楽やサウンドエフェクトを組み合わせるでしょう。 Final Cut ProやiMovieのいずれを使用していても、音楽をビデオに同期化するプロセスはとても簡単です。シンプルな ホームムービーやスクールプレゼンテーションのカッティングであっても、サウンドは作品の価値を大いに高めます。以下では、音楽を ビデオプロジェクトにインポートするための基本ステップを概説しています。


作品に対応する高音質の音楽を探していますか?
Shutterstockは高音質のトラックをシンプルで明朗な価格で提供しています。
今すぐ見つけ始めてください

iMovieを使用する

  1. プロジェクトを選択する:ほとんどの場合、既にあるビデオプロジェクトは 伴奏を必要としています。最初に、プロジェクトを開いて Windowタブから「音楽とサウンドエフェクト」を選択します。特殊なサイドバーが開き、コンピュータの音声ファイル にアクセスできます。詳細検索を行うには、特定のフォルダー(すなわち、iTunesライブラリ またはiMovieサウンドエフェクト)をクリックするか、特定のキーワードを検索フィールドに入力します。各ファイルに 関連するメタデータ — アーティスト、曲のタイトル、トラックの長さなど — は 音楽/サウンドエフェクトサイドバーにリストされます。

  2. 音楽を追加する: お気に入りの音楽が見つかったら、そのファイルを プロジェクトにドラッグしてクリップがないスペースにドロップします。この操作では、 グリーンの「+」記号が表示されて、このタイムラインのエリアに ドロップできることが知らされます。クリップの色合いはブルー、音声ファイルはグリーンであるため、簡単に 区別することができます。音声クリップをプロジェクトにドラッグして、音声を開始したい場所に ドロップします。

  3. 音声を微調整する:最初に、音声クリップを選択すると、イエローボーダーで明るくなり、サウンドを 広めたり狭めることができます。音声クリップの左上隅にある ギア形のアイコンは、さらに多くのコントロールが可能で、「クリップトリマー」、 「クリップ調整」、「音声調整」のような設定から選択できます。これらの設定では、 クリップの特定のセクションのトリミング、自動フェードの設定、音声エフェクトの追加が可能です。

別の編集ソフトウェアを使用する

  1. お気に入りのプログラムを見つける:オペレーティングシステムに応じて、クオリティの高いビデを編集するための 無料アプリケーションがオンラインに多数あります。Wondershare Filmora、Windows Movie Maker、VSDCは利用できるオプションの数例です。始めにオンラインで調査してから 対応可能なプログラムを選択します。PCの初心者用には Windows Movie Makerをお勧めします。 

  2. 音声をインポートする: あらゆる編集プログラムには、ハードドライブから ビデオおよび音声クリップをインポートできるブラウザがあります。映像に最適な曲やサウンドエフェクトを 見つけてから、プロジェクトタイムラインの適切なトラックに ドラッグします。多くの編集プログラム(Filmoraなど)は複数の 音声トラックのレイヤーを作成できるため、サウンドエフェクト、音楽、およびダイアログ を同時に再生する場合に実に便利です。

  3. その他の編集作業: 最後に、無料のビデオエディターも音声を プロジェクトの周りにドラッグする、不要なセクションをトリミングする、速度/ピッチを微調整する、プロフェッショナルサウンドフェードを追加することが簡単に行えます。自由に利用できるその他の機能を確認するには、プロジェクトのツールバーのアイコンを見るか 音声トラックを右クリックしてください。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?