秒あたりのフレームとは何ですか?

ビデオプロジェクトに取り組む際には、フレームレートがビジュアル面で最終的にどのように反映されるのかを理解することが重要です。私たちのほとんどは、ビデオクリップは、次から次へと再生される静止画像(またはフレーム)のシークエンスであり、そこに「フレームレート」という用語が言及されることを知っています。フレーム周波数としても知られるフレームレートは、カメラが画像をキャプチャしてビデオを作成する回数です。このような測定はコンピュータグラフィックスやビデオゲームにも使用されます。通常、フレームレートは「フレーム/秒」(略称でFPS)として定義されます。 


ビデオ制作に完全なクリップが必要ですか?
Shutterstockには数百万ものクリップがあります。コレクションから探してください


私たちの目はフレームをどのように視覚しますか?
視覚は人それぞれで異なりますが、平均的な人は秒あたりおよそ150フレームを処理できます。また「リフレッシュレート」により、フレームにフリッカーがどれほど早く発生するのかが分かります。これはヘルツ(Hz)で測定されます、画面での画像のフリッカーの発生が早ければ早いほど、裸眼にはよりリアルに見えます。 

リフレッシュレートのコンセプトは元々は昔の映画館で考え出されました、映写技師が各フレームに複数回フラッシュをあててモーションジッターを削減したものです。フレームレート(例えば24 FPS)について話す時、秒ごとに再生される特有の画像数を言及しています。同様に、リフレッシュレートが72 Hzの場合、それは各フレームが3回再生(または「リフレッシュ」されていることを意味します。  

初期の標準フレームレート
それでは映画製作のパイオニアはFPS標準をどのように決定しましたか?創成期のサイレント映画には様々なフレームレートがあり、16~24 FPSにまたがっていました。また、特定のシーンのフィーリングにフィットするように、リアルタイムで変更されることさえありました。これは手作業でクランクを回して撮影ができたからです、カメラを操作する人はフレームレートをフルにコントロールできたのです。最適なフレームレートについては議論が続いています、初期にはトーマスエジソンが、最も遅いものでは、目を疲れさせない46 FPSが許容可能なフレームレートであると述べたと伝えらています。 

1920年代後半までには、サイレントフィルムがフレームレートを22~26 FPSまで増やしました。最後に音響が1926年に導入された時、映画製作社や劇場は、音声速度が変動しないようにフレームレートを定義付ける必要がありました。この時に24 FPSが標準となりました。映写機は最少リフレッシュレートの48ヘルツ(すなわち、フレームごとに2回のフラッシュ)を使用したことから、エジソンの予測は正しかったことが証明されました。 

今日の映画の世界のフレームレート
現代の映画産業では、24 FPSが35mmフィルム用の標準になっています、ただし新しいフレームレートを試してみて独特のビジュアルスタイルを達成している監督や撮影技師もいます。 

例えば、ピーター・ジャクソン(ロード・オブ・ザ・リングシリーズの監督)がホビットを 48 FPSで撮影したことは有名です、それははるかにディテールが深く描かれ、生きているようなビジュアルを実現しています。けれども、それは人が映画に連想する夢のようなクオリティには欠けています。むしろテレビのショールームで見るHDのネイチャービデオのようであるため、本物と見まごうばかりの高度な特殊エフェクトやメーキャップが必要です。 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?