画像をphotoshopで組み合わせる方法

Photoshopで画像を組み合わせると、プロジェクトにプロの手を加えたようなコラージュエフェクト画像を効果的に作成できます。画像を組み合わせる際には映画ポスターやプロの看板を考えるかもしれませんが、それだけが写真の組み合わせにおける目的ではありません。別の使い方として、編集者が1枚の画像を別の画像内に置いて、窓や1対の双眼鏡のような別のアイテムを通して見られているように描くことができます。


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます!  ライブラリのコレクションをご覧ください

始める
画像の組み合わせを作成する最初のステップは、個々の画像をPhotoshop内の1つのワークスペースにそれぞれ保存し開けるようにします。各プロジェクトスペースで画像をそれぞれ開いたら、移行ツールを使用して1枚の写真を選択して取り、それを別の画像のワークスペースに移行します。この作業により、画像は透明ではない状態でオーバーラップします。これがこのステップの目標です、不安に思うことは何もありません。このポイントから画像の組み合わせを始めます。両方の画像があることを確認するには、「レイヤー」パレットを見てください、そこには両方がリストされているはずです。
 
サイズの変更と位置の変更
ほとんどの場合、写真を組み合わせ始める前に、プロジェクトの1枚以上の写真のサイズ変更や位置変更を行う必要があります。必要なサイズ変更の種類は、最終プロジェクトで設定する組み合わせのタイプにより異なります。
 
画像を同じ幅に設定したい場合がほとんどですが、風景モードの写真をポートレートモードの写真に揃える必要がある場合もあります。この作業には「フリー変換」コマンドを使用します。このツールを有効にすると(Ctrl-T)、Ctrl-Oを押してすべてが同じ画面内で表示されるようにすることが必要です。画像全体のバランスに気を配る必要がある場合は、シフトキーを押さえながら画像のサイズを変更して、意図せず歪むのを防ぎます。画像のサイズやバランスに問題がなければ、「Enter」をクリックしてオーバーレイの選択を承認します。
 
背景レイヤーに関する注意
背景の画像を移動する必要がある場合に、多くのユーザーは画像の組み合わせに困難を感じます。Photoshopは新規レイヤーとは異なる背景レイヤーを扱い、その結果背景レイヤーの移動や変更を制限します。これを最も簡単にナビゲートするには、背景レイヤーの名前を変更します。その作業を行うには、ALTキーを押したまま、用語「背景」を直接クリックします。このコマンドはPhotoshopに対して、レイヤーの名前を変更、通常はそれにタイトル「レイヤー0」を割り当てることを自動的に促します。このレイヤーは現在、移動し変更することが可能です。
 
被写界深度の組み合わせ
複数のレイヤーが1枚のドキュメントにあり、適切にサイズが変更されると、画像の組み合わせを作成する様々な方法があることが分かるでしょう。全体的に、写真の組み合わせ、つまり合成写真を作成する最も一般的な方法は、被写界深度を組み合わせることです。 この方法を使用するには、パレットツールに進み、組み合わせたい画像のレイヤーを選択するだけです。レイヤーを簡単に揃えるには、「レイヤーの自動整列」コマンドを使用します。
 
レイヤーをすべて選択したら、ドロップメニューを使用して編集 --- レイヤーの自動組み合わせを見つけて選択します。このプログラムでは次に、組み合わせの目的を選択するよう促されます。人気のあるオプション:

  • パノラマ画像- この目的はオーバーラッピングレイヤーを単一のパノラマ画像に組み合わせます。

  • スタック画像- この目的は各レイヤーのベストなディテールを選択し、それらを当該エリアの滑らかな画像に組み合わせることです。このオプションは、前のステップでレイヤーの整列を選択すると最も効果的に機能します。

このポイントから、色を調整し別のエフェクトを適用すると最終的な成果が得られます。組み合わせに問題がなければ、「OK」をクリックして変更を保存します。
 
レイヤーマスク
Photoshopの新規バージョンのほとんどで、画像の背景色が類似していない場合でもユーザーは写真を組み合わせることが可能です。これはユーザーがレイヤーマスクを選択する画像の組み合わせの最終段階で実行します。レイヤーマスクを選択するアイコンは、レイヤーパレットの最下部にあります。レイヤーマスクを個々のレイヤーに追加すると、ツールパレットにあるグラデーションを選択する必要があります。
 
必要なオーバーレイの組み合わせを作成するには1枚の画像から次の画像にグラデーションを引きます。この作業を完了したら、2つのレイヤーを単一のレイヤーに結合します。この作業を最適に行うには、レイヤーパレットでレイヤー1を選択したまま、Shift+Ctrl+Alt+Eを押します。
 
この段階で画像は組み合わされます。必要に応じて色の不一致を補正するには、前に移動して別のエフェクトを追加してください。
 
不透明度
組み合わせ中の一部のポイントで、オーバーレイの不透明度を調整することもあるでしょう。一般用語で不透明度は背景レイヤーにおける不明瞭の度合いに関連しています。例えば、不透明度が1%のレイヤーは、ほぼ完全に透明表示され、不透明度が100%のレイヤーは、完全に不明瞭です。レイヤーパネルメニューから、不透明度および組み合わせモードを選択することができます。 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?