画像を切り抜く方法

切り抜き(トリミング)による写真の構図の調整や余分な要素の削除で、特定の被写体を効果的に強調できます。 Mac PCとWindows PCには、基本的な切り抜きを処理できるアプリケーションが付属しています。高価な編集ソフトは必要ありません。


高速で無料の画像エディタが必要ですか?
Shutterstockエディタは、ブラウザー内で基本的な編集機能を提供します。
Shutterstock.comでお気に入りの画像を探し、カスタムサイズを選択してすぐに試してください。

Macでは、デフォルトのプレピューソフトウェアに画像の切り抜きやサイズの変更ができる使いやすいツールがあります。一方、MicrosoftのペイントはPC上で同じ機能を実行できます。切り抜きは画像の総ピクセル数を減らしてサイズを変更するため、作業中、複数のバージョンで保存することをお勧めします。

プレピューを使用する(Mac)

  1. 切り抜く画像ファイルをダブルクリックします。プレピューは画像を開くためのデフォルトのアプリケーションとして設定されていますが、ファイルのダブルクリックでプレビューが立ち上がらない場合は、Controlを押しながらクリックするとオプションのリストが表示されます。 [このアプリケーションで開く]の上にマウスを移動し、リストからプレピューを選択します。
  2. 次に、中央右の鉛筆のようなアイコンをクリックして、[エディタツールバー]を有効にします。ツールバーから画像選択のオプションを選択し、画像を切り抜くことができます。デフォルトは[長方形で選択]です。[エディタツールバー]の左側にある[楕円で選択]や[なげ縄で選択]なども選択できます。ほとんどの写真プロジェクトでは[長方形で選択]をお勧めします。
  3. クリックした状態で画像を四角形で囲むと、切り取るセクションが設定できます。囲む範囲が正しい場合は、[エディタツールバー]の右端の[切り取り]ボタンをクリックします。画像の他の領域が消え、選択した四角形のセクションのみになります。
  4. 切り抜いた画像を保存する場合は、[ファイル]をクリックし[保存]を選択して元のバージョンに上書きする、または[別名で保存]を選択して新しい画像ファイルを作成します。

クイックヒント:さらに迅速に切り抜くには、Appleのキーボードショートカットを使用します。プレピューで画像を開き、切り抜く領域を四角形で囲みます。次にCommand + Kを押して切り抜き、Command + Sを押して新しいファイルとして保存します。

ペイントを使用する(Windows)

  1. [スタート]>[すべてのプログラム]をクリックしてペイントを選択します。ペイントは[アクセサリ]タブの下にあります。
  2. ペイントを立ち上げます。[ペイント]ボタンをクリックし、「開く」をクリックして、切り抜く画像を選択します。次に、[イメージ]グループ内の[選択]オプションを選択します([ホーム]タブ上)。
  3. これで、保存するセクションの周囲をクリックアンドドラッグすることができます。切り取る範囲が正しい場合は、[トリミング]をクリックします。
  4. 切り取った画像を新しいファイルとして保存するには、[ファイル名]ボックスに名前を入力して[保存]をクリックします。
  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?