画像や動画を使用する際には、Shutterstockやアーチストのクレジットを表記する必要がありますか?

Shutterstockコンテンツを、エディトリアルとして使用、または商品や動画制作に使用する場合、Shutterstockのコンテンツのクレジットを表示する必要があります。表示方法は簡単です。詳細:

「エディトリアル」でコンテンツを使用する
「エディトリアル」として使用する全ての画像や動画(ビジュアルコンテンツ)は、次の形式でコンテンツのクレジットを表示する必要があります。

  • 「作者名/Shutterstock.com」

「商品」または「動画制作」にコンテンツを使用する
「商品」または「動画」のコンテンツを商業目的で使用する場合は、次のようにクレジットを表示する必要があります。

  • 「この画像または動画は、Shutterstock.comのライセンス許諾により使用しています。」 

このクレジットは、映画のエンドロールまたは販促用コーヒーマグの裏側などに表示してください。

「エディトリアルでコンテンツを使用する」とは、具体的にどのような場合ですか?
「エディトリアル使用」とは、ニュースバリューや社会的関心のある情報や記事にコンテンツを使用することです。例としては、ニュース記事、ドキュメンタリー、各種の書籍などです。ビジュアルコンテンツは、「エディトリアル使用のみ」という表示の有無のかかわらず、すべてエディトリアルとして使用することができます。ただし、「エディトリアル使用のみ」と表示されたコンテンツは、商業目的に使用することができません。詳細はこちらをご覧ください。

その他の使用
その他の使用にはクレジット表示は必要ありません。ただし、同一プロジェクト内でクレジット表示が必要なコンテンツを使用している場合は、その他のコンテンツの使用にもクレジット表示が必要です。
 

クレジットは、色、サイズ、明瞭さなどに配慮し、 明確に表示してください。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?