画像の解像度の変更方法

写真の解像度とは画像のサイズを指します。物理的なインチサイズだけでなく、1インチあたりのピクセル数も示します。ピクセル数が不足している場合や解像度が低い場合、完成した画像の画質が低くなったり粗くなったりするため解像度は重要です。ただし、画像の解像度は簡単に変更することができます。

用語
写真の解像度を変更する際に理解が必要な用語があります。ピクセル寸法と画像解像度という2つの重要な用語です。
 
ピクセル寸法- 画像の幅と高さ方向のピクセルの数に関する用語です。
 
画像解像度-割り当てられた空間内のピクセルの密度に関する用語です。この数字は1インチあたりのピクセル数(ppi)の単位で表します。ppiが大きいほど画像解像度が高くなります。一般的にppiが大きいと、よりシャープで高品質な画像になります。
 
適切な解像度を見つける
画像またはプロジェクトを変更する前に、必要なppiを確認する必要があります。これはPhotoshopで素早く簡単に確認できます。プロジェクトを表示する出力装置(プリンターまたはモニター画面)のスクリーン線数を確認する必要があります。次の手順に従って適切な解像度を求めます。

  • [Image(画像)> Image Size(画像サイズ)]を選択します。

  • [Auto(自動)]を選択します。

  • [Screen(画面)]で、出力装置のスクリーン線数を入力します。必要に応じて測定単位を変更します。画面値は画像解像度の計算のみに使用され、印刷画面の設定には使用されません。

  • [Quality(品質)]でオプションを選択します。

    • [Draft(低い)] -スクリーン線数と同じ低い解像度(72ppi以上)で生成します。

    • [Good(標準)]- スクリーン線数の1.5倍の解像度で生成します。

    • [Best(高い)]- スクリーン線数の1.5倍の解像度で生成します。

スクリーン線数の2倍以上の解像度を選択した場合は、警告メッセージが表示されて先に進むことはできません。

変更方法
すでに変更済みの画像データのリサンプル画像を使用している場合を除き、解像度を高くすると画像サイズも大きくなります。Photoshopなどの写真編集ソフトでは「Image Size(画像サイズ)」ダイアログボックスを使用して、データを簡単に見やすくすることができます。画像の1つの要素を変更すると、画像のバランスを適切なppiに維持するために他の要素も自動的に調整されます。「resampled(リサンプル)」オプションを選択すると自動更新をオーバーライドできます。この機能を使用するとppiとサイズを詳細に調整できますが、画像のサイズが大きくなり過ぎる場合もあるため注意が必要です。
 
解像度の変更手順を次に示します。

  • [Image(画像)> Image Size(画像サイズ)]を選択します。

  • [Constrain Proportions(縦横比を固定)]を選択し、現在のピクセルの幅とピクセルの高さの比率を維持します。

  • [Pixel Dimensions(ピクセル寸法)]に新しい値を入力します。値をパーセントで入力するには、測定単位に「Percent(パーセント)]を選択します。

  • [Resampled(リサンプル)]が選択されていることを確認し、補間方法を選択します。

  • 画像のレイヤーにスタイルが適用されている場合、[Scale Styles(スタイルの拡大・縮小)]を選択し、サイズを変更した画像に合わせてエフェクトを拡大・縮小します。このオプションは[Constrain Proportions(縦横比を固定)]を選択した場合にのみ使用できます。

  • オプションの設定後、 [OK]をクリックします。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?