消失点をphotoshopで使用する方法

Photoshopはバニシングポイントツールといった驚くほど素晴らしいツールが豊富です、このツールは画像調整の際に3D遠近を適用することができます。例えば、ビルの写真を新しいテクスチャーや色で表現できるように編集できます、バニシングポイントにより、ビルの側面にかけて遠近感が反映されます。このツールを使用すれば、かなり高度な編集を簡単に実行できます。以下では、完了したプロジェクトがオリジナルと同じぐらい自然に見えるようにするために、バニシングポイント内で遠近を保持するための基本ステップを概説しています。 


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます! ライブラリのコレクションをご覧ください


バニシングポイントを始める

  1. バニシングポイントのダイアログボックスを開く前に、画像をメイン編集ウィンドウに準備する必要があります。最初に、最終結果を保存する新規レイヤーを作成することをお勧めします、その作業により何か不具合が発生した場合に備えて、元の画像のコピーを保持することができます。元の画像を拡大するには(例えば、ビルを実際の高さよりも高く見せる)、キャンバスのサイズをそれに応じて増やす必要があります。   

  2. 次に、メインのフィルターメニューに進み、「バニシングポイント」を選択します。新規ダイアログボックスが開き、以前のツールが平面作成ツールに代替されます。バニシングポイントが画像の遠近の構成を認識できるようにするには、このツールで4つのコーナーノードを設定する必要があります。 

  3. オブジェクトの平面のいずれかを定義したら、コマンド+ドラッグ(またはWindowsのCtrl)を押して多くの平面を切り離します。そこから、メイン画像に別の画像をペースト、新しい色を1つの平面に描くなどが可能です。 


新規アイテムをペーストする方法

  1. 魅力のない化粧漆喰がある家の画像があり、それらを木製パネルに替えることを仮定しましょう。バニシングポイントを使用すれば、この作業はほんの数ステップかかるだけです。最初に、置換画像をクリップボードにコピーします(それはラスター画像にする必要があります)。次に、フィルターメインメニューからバニシングポイントを開きます。 

  2. 次に、新しい木製パネルを配置する平面を定義する必要があります。平面作成ツールで平面の4つのコーナーを定義します。新しい平面を選択した状態で、コマンド+V (またはCtrl+V)を押して、木製パネルの画像をプレビューウィンドウの左上隅にペーストします。 

  3. 最後に、新規画像をペーストするには、マーキーツールを選択してから、画像を平面にドラッグします。マジックのように、木製パネルは元の画像の遠近にフィットするように変換されます。 


新しい色を追加する方法 

  1. 引き続き前の例で家の色を変える場合も、バニシングポイントで可能です。最初に、ブラシツールを選択します。設定したい色に応じて、スポイトツール(画像に設定する色をクリック)またはカラーピッカーで選択します。  

  2. 次に、画面最上部の近くにあるブラシオプションセクションの高度設定を指定します。この高度設定には、色の表現に影響を及ぼす不透明度、直径、硬さがあります。好みに応じて、ヒーリングモードを選択することも可能です、このモードでは新しい色を元の画像で近いライティングとシェーディングと組み合わせます。 

  3. 描く準備ができたら、カーソルで画像に描きます。バニシングポイント平面で描くものは、自動的に平面の遠近に合わせられ続けます。Shiftを押したまま描くと、ペイントストロークは完全に直線のままです。最後に、複数の平面間をシームレスに描き、それらすべての遠近を保持するには、バニシングポイントメニューから多面操作を許可をクリックします。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?