映画に採用する音楽のライセンスを取得する

映画用の音楽を選択する際には、ライセンスを事前に確保しておくことが極めて重要です。確保していなければ、レコードレーベル、音楽出版社、権利所有社から訴訟を起こされることに身をさらすことになります。音楽産業との関係に悪例を残すことにもなり、今後に別の曲に関する権利が必要になった場合に支障をきたします。映画の最もパワフルなシーン用に完璧なバラードを導入するには、その音楽に関するライセンスを確保する必要があります、そのためには慣例に従うことが唯一の方法です。以下では、通常の料金、申請方法といった、音楽ライセンスの基本について概説しています。 


作品に対応する高音質の音楽を探していますか?
Shutterstockは高音質のトラックをシンプルで明朗な価格で提供しています。
今すぐ見つけ始めてください


主なライセンスのタイプは何ですか? 
シンクロナイゼーションライセンス: 「シンクロ権」としても知られるこのライセンスでは、映画製作社は映像に合わせて音楽を利用することができます。このライセンスを取得するには、著作権所有社に連絡する必要があります。自身でリリースした曲でない限りは、ほとんどの場合、所有社がその音楽の出版社になります。主な2つの出版社はASCAPとBMIですが、www.ASCAP.com/aceにアクセスすると著作権を所有し管理している人が分かります。 

マスター使用ライセンス: シンクロ権では特定の曲を映像と組み合わせるための権利が得られますが、その曲の録音、サンプリング、または再利用することはできません。その場合には、マスター使用ライセンスを取得します。ほとんどの場合、その曲に関連するレコードレーベルに連絡する必要があります。 

ライセンス費用はいくらですか?
ライセンス費用はケースによって大きく異なりますが、最終費用に影響する要因は少ないです。最初に、曲の長さや再生回数など、映画において音楽が占める割合を決定する必要があります。映画をDVD、オンラインストリーミング、またはテレビシンジケーションにリリースする予定があるかどうかによっても大きく変化します。これは「ステップディール」として知られ、これらの権利をすべて同時に交渉することで、それらを個別に扱わずに費用を削減できることがほとんどです。曲をCDサウンドトラックで使用するには、それ自体のライセンスも必要であることに注意してください。 

こうした詳細な内容が事前に分かっていても料金はすべて交渉可能であるため、レーベルや出版社が特定の金額を請求するという絶対厳守の規則はありません。これが特に当てはまるのは、独立系映画や教育映画を制作している場合です、また映画をフェスティバルのみで上映する場合は、そのライセンスはおよそ1000ドルのみになります。 

どのように申請するべきですか?
最初に、映画のプロジェクトに関する詳しい情報をレコードレーベル/出版社に提供する必要があります。これには基本的な概要、制作総予算、曲の詳細な利用計画が含まれます。利用計画が特に重要です、著作権所有社は曲が映像にどのようにマッチするのかを知りたいからです。それはオープニングですか、クロージングクレジットですか、またはストーリーラインで極めて重要な瞬間ですか?それは一度だけ再生されますか、それは特定のプロットの箇所を強調するために繰り返されるテーマですか?曲の利用する目的について情報を提供すればするほど、彼らがリクエストに応じる可能性が高くなります。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?