新しいデザインをGoogleドライブにダウンロードする方法

Shutterstockエディタの優れている点の1つは、完成したデザインの保存、共有、エクスポートができることです。従来の画像エディタでは作成したデザインを保存するのが難しい場合があります。ファイルの互換性やその他の制約を考慮する必要があるためです。コーディネートされたデザインプロジェクトを開発するチームの一員として働く人は、ファイル共有やオンラインで簡単に共同作業できるようにする方法の作成と管理に多くの時間を費やす必要があります。システムの設定だけでも時間が必要で、システムが完成しても実用に向けて数週間から数か月の時間が必要な場合があります。
 
Shutterstockエディタは、友人、家族、同僚、仲間のデザイナーと簡単にデザインを共有できるオンラインデザインアプリです。Googleドライブなどのさまざまな人気のある宛先に、完成したデザインまたは進行中のデザインを即座にエクスポートできる共有機能がアプリに含まれています。このオンラインストレージフォルダーは、個人および共同のデザインプロジェクトを含む多くのアプリケーションにとって理想的なツールです。
 
Googleアカウントへの保存
Googleドライブは、Gmailアカウントに含まれている便利なストレージソリューションです。サインアップはほんの数分で完了し、Googleのホームページから実行できます。この膨大な無料ストレージは、文書、スプレッドシート、写真、デザインプロジェクト、ビデオファイル、オーディオファイルなどの整理に使用することができます。
 
いつでも使用できるように、別のタブまたはウィンドウでGoogleアカウントまたはGmailアカウントにあらかじめログインしておくことをお勧めします。次に、エディタ内の[共有]ボタンをクリックし、Googleドライブに共有するオプションを選択します(パスワードの確認を求めるメッセージが表示される場合があります)。生成されたプロンプトのボタンをクリックするのみで、数秒でファイルがGoogleドライブアカウント内に表示されます。大きなファイルは完全にアップロードするまでに数分必要な場合があるため、プロセス中にウィンドウやタブを閉じないでください。
 
ドライブにファイルがある場合は、電子メールを使用した友人や同僚への送信、自宅や仕事用のコンピュータへのダウンロード、または単一の画像としてエディタに再度アップロードして、アプリ独自のツールでさらに操作や変更ができます。
 
エディタに画像を保存する
Shutterstockアカウントでログインすると、エディタ内の進行中の作業を任意で保存できます。ShutterstockエディタとShutterstockのユーザーアカウントはどちらも無料で使用できますが、保存するためには、ダウンロードクレジットの購入が必要です。完成したデザインをコンピュータに保存すると、次へのアップロードが可能になります。

  • 個人のFacebookアカウント

  • ブランドのTwitterアカウント

  • 個人または企業のブログ

  • 個人的な写真アルバム

  • 管理しているすべてのウェブサイト

クレジットをまとめて購入すると、すべてが一貫してスムーズに進めることができます。最も費用対効果の高い方法です。ダウンロードクレジットは、エディタの共有機能にも使用できます。このオプションは、アプリ上部のメニューの右側にある[共有]ボタンを選択して確認できます。完成したデザインをGoogleユーザーアカウントに関連付けられたクラウドストレージに直接送信することもできます。
 
画像の共有は、チームメンバー間の共同作業をスムーズに進め、コミュニケーションをより効果的にする速くて簡単な方法です。さっそく、これらの機能を試してみましょう。

注意: DropboxやGoogle Driveにデザインを保存する機能は、エディタPro にのみ搭載されています。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?