商業目的で使用するストック写真について

Shutterstockのようなサイトでストック写真を閲覧すると、どのような画像を商業目的またはエディトリアルで使用できるか理解するのに役立ちます。画像をクリックすると、ライセンスと著作権に関する詳細情報が表示されます。商業目的のストック写真は、製品、サービス、広告キャンペーンなど、ほぼすべてのシナリオに組み込むことができます。

一方、エディトリアルのストック写真は、商業目的では使用できません。Shutterstockでは、エディトリアル画像は「Editorial Use Only」のマークが付けられています。これはニュースや情報提供の目的でのみ使用できることを意味します。これらの写真にはほとんど、有名人、要人、および商品が含まれているため、商業目的でライセンスを受けることはできません。しかし、ジャーナリストが今後の映画や製品の発表についての記事を書く場合は、その文章を補完するエディトリアルのストック写真を使用する権利があります。これは、ノンフィクションの本やドキュメンタリにも該当します。

ただし、「エディトリアル」ラベルが明示されていない写真の場合は、商業目的での使用が意図されている可能性があります。つまり、商品、広告、商品パッケージ、およびその他の営利活動のために画像を使用できます。商業目的のストック写真は、直接と間接の2つの主要なカテゴリに分類することができます。

直接使用では、広告キャンペーンや商品のブランド化など、明確な経済活動を目的に画像を活用します。一方、間接使用とは、表向きはブログの役立つヒントや祝日のあいさつのページであっても、最終的にビジネスの意識改革などを促すコンテンツでの使用を指します。ここでは直接的な商品との関連性はありませんが、ストック写真が間接的な位置づけでありながら明らかにビジネスの補助として使用されています。ブランドの認知促進や増収を目的とした無料配布の宣伝用品も商業行為になります。 


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます。ライブラリのコレクションをご覧ください


  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?