写真素材とは

写真素材は誰でも使用できる画像です。写真家に依頼する代わりに、写真の膨大なデータベースを検索してプロジェクトに使用する写真を素早く見つけることができます。人気のある写真素材には、人、旅行先、動物、食品などがあります。また、作品に対するロイヤルティの支払いにより、写真家の収入が安定します。


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます!  ライブラリのコレクションをご覧ください

ストック写真とはどのような着想だったのでしょうか?
「ストック写真」という言葉が生まれた経緯はわかりませんが、1920年前半には写真素材が販売されていました。当初、ストック写真の多くは商業用写真でしたが、それを低価格でクリエイティブなプロジェクトに転用するようになりました。80年代までには本格的なビジネスに成長し、素材用として写真が撮影されるようになりました。このような写真家達には、雑誌や新聞の写真撮影で収入を得ながら、いつか芸術作品として自分の作品を出版するという目標があります。
 
現在はインターネットで誰でも素早く最適な写真を探すことができるようになりました。Shutterstockのようなコンテンツを提供する会社は、様々なテーマ、色、スタイルの何百万という写真をライブラリに蓄積しています。Shutterstockはお客様のニーズに応じた、画像パックや月額サブスクリプションでコンテンツを提供しています。
 
どのような写真素材がありますか?
大きく分けて3種類のライセンスルールによる写真素材があります。

  • ロイヤリティフリー: ライセンス購入後の写真素材は複数回使用でき、使用期間の制限はありません。ライツマネージド画像とは異なり、ロイヤリティフリー写真には独占権はありません。一般的に、特定の画像を使用できる回数(1,000回など)がライセンスに組み込まれ 「部数」と呼ばれています。

  • ライツマネージド: 使用用途により異なりますが、独占権、画像サイズなどの条件が適用されます。画像を独占使用する場合は、競合他社による使用を禁止するようにライセンス契約を締結することができます。

  • パブリックドメイン: 目的を問わずライセンス不要で自由に使用できます。パブリックドメイン画像の使用回数に制限はありません。

写真素材は誰でも売ることができますか?
誰でも売ることができます。各種写真素材サイトではあらゆる写真を求めています。作品を提出する前にサイトのガイドラインをお読みください。例えば、Shutterstockの場合、地方の文化を描写した写真、未開発のニッチ市場の写真、テキストを書き込むスペースのある写真が非常に人気があります。
 
写真と一緒に、画像を的確に説明する25文字以上のキーワードを記入することも重要です。写真を探す購入者の気持ちでキーワードを考えましょう。的確な画像の主題、色、感情、抽象的観念の説明は、販売の増加につながります。

写真家に依頼せず写真素材を利用するのは、どのようなメリットがありますか?
ロイヤリティフリー写真は非常に低価格で、欲しい画像を直接見て選ぶことができ、瞬時にダウンロードできます。写真家に依頼すると、プロジェクトにマッチした良い写真が手に入るかもしれませんが、既製の写真素材には明確なメリットがあります。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?