写真をphotoshopで白黒にする方法

Photoshopのような複雑な編集プログラムでは、 「白黒」用の設定は1つだけではありません。色の変換方法をフルにコントロールできるため、多くの特徴があるグレースケールの色合いを出すことができます。


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます!  ライブラリのコレクションをご覧ください


写真をPhotoshopで白黒にする方法を学ぶのは簡単です、始めるためのプリセットが数多く組み込まれています。 

  1. 最初に、Photoshopでカラー写真を開きます。白黒設定をロードするには、最上部メニューから「画像」を選択してから、「調整」、「白黒」の順に選択します。新しいダイアログボックスが様々なカラースライドと共に表示されます。 

  2. 次に、オプションとしてグレースケールのプリセットの選択、手作業によるカラー変換の調整があります、または「自動」をクリックすると、Photoshopがカラー値を分析してグレースケールミックスを作成します。初めて実施する際には通常、後者のオプションが最適です、その作業後にカラースライドを微調整します。 

  3. 一方、今後のプロジェクトにカスタムグレースケールミックスを使用したい場合は、プリセットとして簡単に保存できます。プリセットを選択するにはドロップダウンメニューをクリックしてから、「白黒プリセットを保存」を選択します。

  4. カラースライダを使用する場合、それらを左側に移動すると元の色は暗くなります — その結果出てくるグレースケールのトーンも暗くなります — それらを右側に移動するとトーンはより明るくなります。「色合い」ボックスを有効にすると、グレースケール画像に微妙な色調をもたらすことができます、写真にわずかなブラウンやグリーンの色合いを求めない場合はボックスにチェックを入れないでください。 

  5. 白黒ダイアログボックス内には、「プレビュー」オプションもあります、このオプションではグレースケールミックスの見え具合を直ちに確認することができます。このオプションは、様々なプリセットやカスタムミックスを試すことで最適な結果をもたらす機能を知るのに極めて有用です。 

  6. グレースケール設定に問題がない場合は、[OK]をクリックします。次に、メインのファイルメニュー、「名前を付けて保存」の順に選択し、画像の新規コピーを保存してカラーバージョンを保持します。これでPhotoshopで写真を白黒にする方法が分かったので、同じツールを使用してよりクリエイティブでこれまでにない結果をもたらしてください!

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?