写真の解像度とは何ですか?

写真の解像度とは何ですか?

写真を拡大して近付いて見たことがあるなら、ピクセルが小さいことに気付いたことでしょう。写真は拡大すると実際に縦方向と横方向にからまりあった状態で、色が付いた小さいボックスや四角い点で構成されていることが分かります。これらのボックスはピクセルとして知られています。デジタルカメラの画像センサーを構成する何百万ものピクセルは実際に小さくて光に反応する四角い点です。スナップショットを撮ると、各ピクセルはそれに当たる光の輝度とクオリティをキャプチャします。
 
解像度は、ディテールやテクスチャといった個々の画像情報を表すカメラの能力です。それは、見分けが付かないほどぼかしていない、または粗くない状態の写真をどれほどの大きさで表現するかを決定します。通常、カメラの解像度はインチ当たりのピクセル(略称PPIまたはDPI)で測定され、画像の鮮明度とディテールを示します。  
 

解像度を測定する

解像度を表す最も一般的な方法は「幅」×「高さ」です。例えば、カメラメーカーはカメラの解像度を3904x2598 (幅x高)ピクセルで表現します。解像度はこれらの数字の合計、つまり10,142,592ピクセルでも表されます。ピクセルの総数を出して、それを100万で割るとメガピクセル、つまりMPの数字が表されます。上記の例では、カメラの解像度は10.1メガピクセル(1メガピクセルは100万ピクセルです)です。
 

印刷解像度対画面解像度

解像度のコンセプトは画像の印刷時に少し微妙になります。現在では、1つの解像度でロックされている画面または画像ビューアを扱わずに、画像を任意の解像度で印刷できるオプションがあります。それでは、最高の画質を得るにはどの解像度を選択するべきですか?
 
印刷解像度は画面解像度よりもはるかに大きい傾向があります。その理由は、インクの小さいドットの方が画面のドットよりもはるかに密接にフィットするためです。画面よりも紙により多くの「ピクセル」をフィットさせることができます。そのため、画像を見ている画面の解像度と同じ解像度で印刷してはなりません。同じ解像度で画像を印刷すると、望ましくない結果になります。
 

デジタルカメラを選択する

現在の平均的なデジタルカメラにはニーズを満たす多くの解像度があります。ほとんどの印刷/表示目的で基本的な解像度要件(およそ6メガピクセル)を満たすデジタルカメラは簡単に見つかります。12 MPの解像度があるカメラは、ソーシャルメディアサイトに掲示するだけの画像には過剰かもしれませんが、印刷し拡大する目的で写真を撮っている場合は12メガピクセルが適切なこともあります。 


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます! ライブラリのコレクションをご覧ください


  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?