写真のライティングテクニック

ライトは自然の何と比べても劣らないほど複雑です。ライティングコンディションが画像に悪い影響を及ぼして不快なシャドーを写したり、被写体の露出が過度になると写真家はイライラさせられます。以下では、写真作品で最適なライティングを実現する実践テクニックをいくつか共有しています。


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます! ライブラリのコレクションをご覧ください


太陽光の利用
これは誰にでも分かることかもしれませんが、ただ屋外にいることではなく、太陽光を写真のためによりスマートに活用する方法があります。太陽光は過度な明るさからソフトな青さまで様々な特性を画像にもたらします。気候、時間、被写体に対する太陽の位置に応じて、全自然のライティングを大いに利用することができます。シンプルなリフレクターを装備に追加すると不快なシャドーを消去しつつライトをシーンに集中できます。 

色を考慮する
意欲的なほとんどの写真家は、裸眼には白色に見えてもライトには様々な色特性があることを知っています。現在のカメラは大量のデータをキャプチャするため、撮影している時には見えなくても、画像に薄く色付くことがあります。この「色温度」を活用すると、作品に個性を表現することが可能です。 

例えば、夜明けや夕暮れの太陽光は通常暖かい色合いですが、真昼の陰には青みがかった色が付きます。その他、ライトがカラフルな表面に反射すれば、これは色温度にも影響を及ぼします。使用する温度のことが分かれば、カメラのホワイトバランス設定を活用して着色を最少限にしたり強調することができます。 

ロケ撮影に適用する
スタジオ内作業ならではのメリットがあるのは明らかです。ライティングのコントロールが行き届き、ライティングコンディションを撮影中に常に一定に保つことができます。しかしながら、ロケ撮影の場合、その撮影方法を学ぶことが不可欠になります。ライティングは屋外ごとに独特の難しさがあるため、様々な状況に対応できる装置を用意する必要があります。 

理想的には、シンプルなリフレクターおよび太陽光があれば適切なライティングを達成できますが、それが機能しない場合は光源を追加する必要があります。これらには設定に応じて、ストロボ、スポット、タングステンライトが含まれます。撮影全体を完了できるほどのパワーが必要です、または外部電源(ジェネレーターなど)を用意しておく必要もあります。 

ブロードライトは柔らかいライト
ライトをシーンに直接的に当てると、ライトを斜めに当てたり、複数の方向から被写体に当てるよりもどぎつくなります。通常、ブロードライトはより自然で、シャドーが少なく、シャープなアングルやテキスチャをソフトにします。光源を被写体の近くに置くと、それはシーンのコンテキスト内でより大きくなります。逆に、ライトを遠くに置くとよりハードで範囲が狭くなります。

露出をモニターする
特にクローズアップや反射するオブジェクト(宝石など)といったディテールを表現する写真を撮る場合、露出ヒストグラムを確認することをお勧めします。この有用なツールは、ディテールを残したままハイライトをモニターし、フレアが発生しないことを確認するのに役立ちます。経験則で、ヒストグラムが255あたりになるまで背景のライトをゆっくり増加させることができます。それよりも高いと、フレアが発生し始めます。 

フロントライティングとサイドライティング
最後に、直接ライティングはテクスチャを減らし、アングル(上、下、またはサイド)からのライティングはそれを強調することに注意してください。魅力のないディテールを減らすには、光源とカメラのバランスをより適切に調整します。その他、高解像度撮影のメリットはサイドライティングにより得られ、テクスチャのディテールがより細かく描写されます。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?