写真のノイズを減らす方法

デジタル写真のノイズという用語は一般的に視覚的歪みを意味します。デジタルノイズはフィルム写真の粒子のクオリティと同様ですが、見苦しい変色したしみのようにも見えます。実際にひどくなれば、写真を台無しにします。ノイズは通常、夜や暗い部屋のようなライトが少ない状況で撮影するときに悪化します。
 
ノイズは、デシベルという専門用語で示され、信号対ノイズの比率がより低くなると目で見て分かるようになります。ほとんどのプロ写真家は信号対ノイズ比率が 30dB以上の写真を目指します。以下では、写真のノイズを減らす方法に関するヒントをいくつか共有しています。 

許容範囲のノイズ量とは何ですか?

アマチュア写真家が許容できると考えるノイズ量はプロ写真家にとって許容できない場合があります。写真をソーシャルメディアに投稿する人は多くいて、彼らはノイズの多い画像や視覚的歪みを気にかけない場合があります。デジタルノイズを減らすことが重要である状況もあります。例えば、ディテールや色品質が極めて重要である建築物の写真では、ノイズは画像を使えないものにすることが考えられます。プリントのサイズも影響を及ぼします、大きいプリントは小さいプリントよりもノイズアーティファクトが発生しやすいためです。 

写真のノイズを減らす方法

デジタル写真のノイズを減らす様々な方法があります。 

  • 低ISOで撮影:ISOが高いほどノイズが多く発生するので、露出を損なわせないよう注意しつつできるだけ低いISOを選択してください。コンパクトカメラの場合、それはISO 100で撮影することを意味します。高級なDSLRカメラでは、低ライトの状況でISO 400-800で撮影するとクオリティの高い画像が得られます。 
  • 大型センサーのカメラを購入する:コンパクトカメラを長く使用していて、大型センサーのDSLRカメラで撮影すると画質がかなり良いことに気付きます。 
  • 搭載されているノイズリダクションを使用する:現在では、ノイズリダクションが内蔵されているデジタルカメラがほとんどです、その多くにはJPEG画像に対するノイズリダクションがデフォルトで適用されます。ほとんどのDSLRには、ノイズリダクションに対する次の3つのオプションがあります: オン、オフ、高または低設定時にオン。ノイズリダクションなしで撮影するには、編集の段階で視覚的歪みを簡単に修正できるよう写真をRAWモードで撮影する必要があります。 
  • ノイズリダクションソフトウェアを使用する: カメラにノイズリダクションが内蔵されていない、またはRAW画像を撮影して事後に歪みを修正したい場合、Topaz DeNoiseのようなノイズリダクションソフトウェアの使用をお勧めします。 

プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます! ライブラリのコレクションをご覧ください


  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?