三分割法とは何ですか?

写真の構図で最もよく知られている「法則」は、三分割法です。そのルールについて知り、適用するとバランスが取れてビジュアルに優れた構図の作成に役立ちます。 
 
画像で最も重要な部分 — 写真家が最も強調したいエリア — は被写体と呼ばれています。優れた写真家は見ている人の目を被写体に微妙に導いて画像を全く自然に感じさせる方法を知っています。三分割法は、より良い構図を作成するための被写体の位置を決定するのに役立ちます。
 

三分割法とは何ですか?

フレームを左右および上下に三分割して、グリッドが9つのボックス、4つの交点で構成されることを想像してください。現在では、このグリッドをLCDビューアに表示するオプションがあるデジタルカメラは少なくありません。三分割法では、被写体は交点、またはグリッドラインに沿って配置されることで最適な効果が得られます。
 

三分割法が機能する理由は?

調査によると、画像を見る人間の目は画像の中央よりも交点のいずれかに自然に引き寄せされることが分かっています。三分割法はこの傾向に即して適用する方法で、人はより自然に写真を見ることができます。
 

三分割法を使用する

三分割法は写真に簡単に適用することができます。風景の場合、左右のラインがグリッドの左右のラインのいずれかに沿って配置するように画像をフレーミングします。ポートレートの場合、被写体の顔を2つの上下ラインのいずれかに沿って中央に配置します、その結果、被写体はフレームの中央に直接的に配置されません。
 
三分割法は一部の写真家には自然に受け入れられますが、直観で分かるものではないとする写真家も多くいます。多くの場合、写真の構図を考える際には直観的に写真の被写体をフレームの中央に直接配置します。写真の構図を考える際には、次のような質問を自問することが役立つかもしれません: 

  • この写真の被写体は何か?
  • 主題をフレームのどこに意図的に配置しようとしているのか? 

以前に撮影した写真を三分割法で調整するのに遅過ぎることはありません。ほとんどの写真編集アプリケーションでは、法則に合わせてフィットするように、画像をトリミングしてフレーミングを変更することができます、多くの場合グリッドラインを表示するオプションがあります。
 
三分割法は法則ではなく、思わず引き込まれる画像を作成する「経験則」であることに留意することが重要です。法則を外すことも興味深い結果を生む出すこともよくあるので、楽しみながらいろいろと試してください!


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます! ライブラリのコレクションをご覧ください


  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?