一般的な音声ファイルの形式

音楽鑑賞、自宅ムービー用のサウンドトラックの選択、ラジオショーの録音のいずれであっても、実に多様な音声ファイル形式を選択することができます。一部の人にとっては、特定の形式を使用することは明白であるかもしれませんが、正しい答えはありません。それはすべてハードドライブの容量、および音声ソフトウェアが当該ファイルをサポートしているかどうかにより異なります。以下では、普及している形式間の違いを概説し、メリットおよびデメリットについて分析しています。 


作品に対応する高音質の音楽を探していますか?
Shutterstockは高音質のトラックをシンプルで明朗な価格で提供しています。
今すぐ見つけ始めてください


ロッシーファイル形式
これらの圧縮ファイルの音質は低音質ですが、費やす容量はかなり少なくほとんどの音声プレイヤーでサポートされています。PandoraやSpotifyのようなストリーミングソフトウェアで使用されるロッシー圧縮は、データを元のファイルから破棄することで小さいサイズを達成しながらも近似音を保持します。 

MP3: これまでで最も普及している音声形式であるMP3はNapsterの全盛期に評判が悪くなりました。MP3は様々なビットレートで作成されますが、ほとんどの場合、128、192、または320kbpsです。アマゾンやその他多くのメディストアは、MP3を以前のように標準形式として使用しています、一般的な音楽リスナーにとってはこの品質で十二分です。 

AAC:アップルのMP3バージョンはAAC (高度な音声圧縮方式)と呼ばれています、それは音楽ストアで販売される主要な形式です。MP3の改良バージョンであることを意図したAACは通常、品質のより高い形式であり、一般的なビットレートは256kbps前後です。YouTubeでもサーバにアップロードされる音声にはAAC変換を使用しています。 

WMA: 最後に、Windows Media Audioはマイクロソフト独自の形式です、それはMP3ほどの多くのプログラムにはサポートされていませんが、実用向きで役立ちます。 

ロスレスファイル形式
ロッシー圧縮とは異なり、ロスレスファイルは元の音声データのすべてを保持するため、通常はかなり良好な音声を得ることができます。ただし、このアプローチではファイルのサイズが非常に大きくなるため、一般的な音声プレイヤーやスマートホンに対しては現実的でない場合があります。 

FLAC: Free Lossless Audio Codecの略称であるFLACは最も普及しているロスレス形式です。iTunesはそれをサポートしていませんが、サポートするプログラムは多くあり、音はMP3よりもはるかに印象的です。実際に、CD品質の音質を非圧縮ファイルのサイズの40-50%で得ることができます。それはメタデータもサポートするため、曲に関する情報を追加してそれをファイル内に組み込むことも可能です。 

ALAC: これはアップルのFLAC形式のバージョン(Apple Lossless Audio Codec)であり、オープンソースでハードウェアCDからリッピング可能です。 

非圧縮ファイル形式
最後に、非圧縮ファイルはサイズを縮小せずに元の音声を完全にコピーしたものです。そのため、最も大きく、かつ最高音質の形式でコピーされます。非圧縮ファイルをMP3プレイヤーに転送することは意味がないかもしれませんが、音声やディージェーを高音質システムにアーカイブするには最適なデジタルオプションです。   

WAV: そのサイズに関わらず、ウェーブフォーム音声ファイル形式は非常に人気があります。MicrosoftおよびIBMが1991年にデザインしたこの形式は、CD品質音声を保持し、ほとんどのソフトウェア上で再生可能です。ただし、他の音声ファイル形式とは異なり、WAVはメタデータに対するフルサポートは提供していません。つまり、場合によっては曲に関連する情報をファイル名自体に設定する必要があります。 

AIFF: アップルはFLACをサポートしないため、非圧縮音声を求めるiTunesのユーザはその代わりAIFF (音声交換ファイル形式)で音楽を購入します。これはアップル独自の形式であり、WAVやFLACに匹敵する音質を提供します。  

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?