一般的な画像ファイルの形式

きれいな画像を見つけ出すのは簡単ですが、選択するのは大変です。何を選択するかのみならず、ニーズにマッチする画像を嗅ぎ分ける創造力と技術力が問われます。このガイドでは、次回のプロジェクトで成功するために、成功と失敗の違いを学習します。


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます。ライブラリのコレクションをご覧ください

画像の種類
すべての画像は、ラスターとベクター2つの基本カテゴリに分類されます。

ラスター画像
ラスター画像は、写真やスキャンされたドキュメント用です。

ラスター画像の画質は解像度と呼ばれます。解像度は、ppi(ピクセル/インチ)またはdpi(ドット/インチ)で測定されます。ppiは画面上のピクセル数を測定し、dpiは印刷インクのドット数を測定します。 ppiまたはdpiが高いほど、画質は良くなります。

dpiは単一の数値で表現されますが(ほとんどの写真は最小300dpiです)、ppiは通常次元(400x1080ppi)で記述されます。

教科書やマーケティング資料などのプロジェクトの商業印刷では、300dpi以上の高解像度画像が必要です。Webアプリケーションやモバイルアプリケーションの場合、高い解像度は求められません。高解像度の画像ほどファイルサイズが大きく読み込みに時間がかかります。Webアプリケーションやモバイルアプリケーションでは低解像度の画像を使用し、読み込み時間を短縮します。

ラスター画像では、物理的なサイズを大きくすると画質が低下します。サイズを小さくすると画質が向上します。

例:
2インチ×2インチの300dpiの画像を2倍にすると150dpiになります。サイズを半分にすると600dpiになります。

ベクター画像と比較して、ラスター画像の操作は難しいと言われています。

さまざまなカラーモードがラスター画像で使用できますが、最も一般的なカラーモードはCMYK、RGB、およびインデックスカラーです。

Photoshopは、ラスター画像の操作に最もよく使用されるプログラムです。

ベクター画像
ベクター画像は、商業印刷アプリケーションで最も一般的に使用され、イラスト、ロゴ、多くのテキストを含むグラフィックス、チャート、グラフなどに適しています。

ラスター画像と異なり、ベクター画像は画質に依存しません。サイズを問わず画質が保持できるため、大型の印刷物では一般的に使用されています。

ファイルの種類:

Windowsビットマップ(BMP):ラスター
Microsoftのオペレーティングシステム用にMicrosoftによって開発されました。高画質で圧縮されていないため、ファイルサイズが大きくWeb向きではありません。ウェブ上で動作しない上に、サイズを変更すると画質が低下します。

JPG(Joint Photographic Expert Group):ラスター
最も一般的な形式で、ほとんどのカメラの画像はjpg形式です。圧縮は、画像を操作して保存するたびに画質が低下することを意味します。

GIF(Graphic Interchange Format):ラスター
Webグラフィックスの3世代前のこの形式は1989年以来使用されています。ファイルサイズが小さく、透過性とアニメーションの両方がサポートされるため、Web作業で人気があります。最近、Will Farrellなどの人気映画クリップのアニメーションGIFによって、人気が高まっています。 この形式は、8ビットのカラーパレットの制限があり、使用できるのはわずか256色です。インターレースで保存する機能があり、オンラインで高速読み込みが可能です。読み込み中の画像は瞬時に表示されます。読み込み中の明細度は低下しますが、完全に読み込まれると細部がすべて表示されます。

TIF(Tagged Image File Format):ラスター
Aldusが2009年にハイエンド印刷用に開発した古いファイル形式です。商業印刷、スキャン、コンピュータファックスアプリケーションでもよく使用されます。jpgのような画質劣化がなく、いくつかの圧縮オプションがあります。柔軟性に優れていますが、Webグラフィックスでは使用できません。

EPS(Encapsulated Postscript):ラスターまたはベクター
鮮明なラインは、テキスト、インフォグラフィックス、線の描画に適しています。商用印刷アプリケーションでベクター画像を簡単に操作し、PANTONEやその他のスポットカラーを適用できます。EPSの例外はPhotoshop EPSで、このファイルは単にEPS拡張子が付いたTIFファイルにすぎません。

RAW:ラスター
カメラからほとんどのデータをキャプチャするため、可能な限り最高の画像が得られ、写真撮影に最適です。1つの欠点は、写真形式を操作するオプションが、Photoshopやカメラ付属のソフトウェアに限られていることです。

PNG(Portable Network Graphics):ラスター
小さなファイルサイズはインターネット作業に適しています。 透過性をサポートし、インデックスカラーのみを使用します。

PDF(Portable Document Format):ラスターまたはベクター
実際にPDFは画像形式ではありませんが、今日ではトッププロに広く選択されるファイル形式です。通常、PDFファイルは別の形式で作成され、変換されます。 このファイルは編集を禁止することができるため、電子ブック、フォーム、大きな画像で選択されています。作成方法によって高画質にすることも低画質にすることもできます。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?