モーションブラーエフェクトの作成方法

モーションブラーは写真、ビデオ、アニメーションで発生する動きを強調する素晴らしい方法です。このエフェクトはスポーツ写真、フォーミュラワンレース、賑やかな都市生活の画像に常に使用されますが、実際にはほとんどのシナリオで採用されています。モーションブラーは本質的には、人間の目に自然に見えるものを再現するもので、ほとんどの場合、ぼかしがないアクションショットは奇妙に見えます。以下では、意図したモーションブラーを作品に作成するための簡単なテクニックを少し概説しています。


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます! ライブラリのコレクションをご覧ください


カメラを安定させる
クオリティの高いモーションブラーを達成する主な方法は次の2つです: 動いている被写体の画像をキャプチャする、またはカメラを動かしながら静止している主体の画像を取る。ほとんどの場合、前者を実施するため、こうした写真を撮る際にはカメラを完全に静止させることが重要です。頑丈な三脚に投資することをお勧めしますが、購入資金がない場合、少なくともカメラを平らで固い表面に設定する必要があります。 

カメラを安定させて、被写体自体の動きをキャプチャします。この状態でシャッター速度や他のカメラ設定を微調整すると、パーフェクトなぼかし量が表現できる状況が作れます。 

シャッター速度を落とす
最終的に、モーションブラーが発生するのは、カメラのシャッターが動きをキャプチャできるほど長い時間開いたままであるからです。シャッターが開いている時間が長いほど、モーションブラーの量は多くなります。そのためには、シャッター速度をより遅くする必要があります。クイックシャッターはおよそ1000分の1秒、あるいはさらに速いこともありますが、ロングシャッターは一度に数秒開いたままです。前者では、モーションブラーをキャプチャするのは極めて困難ですが、後者では、ほとんどの動きで意図したぼかしエフェクトが作成されます。  

それでは、理想的なシャッター速度はどれほどですか?状況により異なりますが、それはすべて被写体により決定されます。例えば、走っているチーターの写真を撮っている場合(注意してください!)、シャッター速度はより速く設定します。一方、ダウンタウンの大通りを歩いている人の写真では、十中八九スローシャッターを使用します。撮影では光量も考慮する必要があります、その理由はロングシャッターはより多くの光もカメラに入れるからです。少し練習と実験を行えば、モーションブラーと露出全体のバランスを上手くとることができます。 

優先モードやマニュアルモードを使用
カメラの癖に慣れ使えるようになったら、シャッター優先やマニュアルモードを使用して最終画像に効果をより反映させることができます。これらのモードは自動よりもはるかにコントロールが可能で、精確なシャッター速度、絞りなどを選択できます。シャッター優先から始めることをお勧めします、この場合シャッター速度を設定してから他の設定を自動的に最適化します。自信を深めたら、マニュアル操作に進みます。途中で操作を間違うことを恐れないでください!

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?