ホワイトバランスとは何ですか?

コンパクトカメラの自動設定を使用する傾向があっても、ホワイトバランスを利用すると写真撮影を簡単に改善することができます。ホワイトバランスとは正確には何ですか?ほとんどすべてのカメラにはこの設定が付いています、それは色がより正確に出るように画像を調整する機能です。以下では、ホワイトバランスの基本、ホワイトバランスを調整して色をより正確に出す方法について概説しています。 

色温度

写真は、1つの色がフレームを支配するような、際立った色合いをもつことがあります。これは「色かぶり」と呼ばれ、写真の光源ごとに特定の色かぶり(または温度)があります。例えば、蛍光灯は通常青みがかった色を出し、ろうそくの灯りは赤みがかった自然の色合いを出します。これらの光源はすべて温度目盛上で区分されます、その範囲はろうそくの灯り(2000ケルビン前後)から完全な青空(15,000ケルビン以上)に至ります。一般的な家庭用電球はおよそ2500ケルビンで、オレンジがかった色合いを出します。         

ホワイトバランスを調整する方法

多くの場合、写真の色温度を区別するのは困難です、私たちの目は現在見ているものすべてに対して調整するためです。正確に調整し、温度のバランスを上手く取るには、過度に寒色なシーンでウォームアップし、暖色なシーンでクールダウンする必要があります。最終的に「パーフェクトな」ホワイトバランスはありません、それはすべてクリエイティブな目標により異なります。次に、開始するにあたって一般的なWBの設定をいくつか示します: 

  • 自動: カメラの自動ホワイトバランス(AWB)機能で操作することから始めます。これは通常の日中のシーンには最適です。色温度がより極端になると、カメラは何を基準に白にすれば良いか分からなくなります。この場合には、手作業によるホワイトバランスが重要です。 
  • 陰影: AWBは通常、陰影のあるシーンで補正し過ぎるため、光が少し寒色で極端な色合いのように見えます。代わりに、より微妙なアプローチに対応できる陰影設定を活用します。 
  • 太陽光: AWBと太陽光モード間の違いは、屋外と屋内のシーン間を移動すると明らかになります。AWBはほとんどの光のシーンでまずまずの結果を出しますが、太陽光モードは自然の太陽光に特化してデザインされています。太陽光をより正確に表現するには、AWBではなくこの設定を使用することをお勧めします。 
  • 曇り: 空があまり「デイライトブルー」ではない場合、色温度は7000ケルビン前後で画像は寒色で青みがかった色になることがあります。この曇りの光に対応するには、曇りモードを使用します。 
  • フラッシュ: フラッシュが必要な暗いシーンを撮影している場合、電球の寒色の色合いを補正できるようにこのWB設定を有効にすることができます。 
  • 蛍光灯: 写真を見るほとんどの人には、蛍光灯の光は寒色系で地味な色合いであるため、楽しいシーンが不快なシーンに見えます。この極端な光源を補正するには、蛍光灯用のWB設定の使用をお勧めします。 
  • タングステン: 通常の家庭用電球の色合いはオレンジです、AWBモードで撮影すると、この色合いがシーン全体に広がります。これらの白熱光の色を抑えるにはタングステンモードを使用します。 

プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます!  ライブラリのコレクションをご覧ください


  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?