ベクター化された画像

この簡単なガイドではベクター化の基本を概説しています。この基本から、ベクター画像とピクセルベース(ラスター)画像の違い、画像のベクターへの変換に伴う数学的な作業、およびそれらの作業に必要なソフトウェアなどの理解を深めることができます。 

ベクター化された画像

ラスター画像を拡大またはズームすると、ピクセルやアーティファクトが表示されるため、この画像形式は大きなスケールのプロジェクトには使用できません。一方、ベクターは数学的なシェイプとラインで構成され、数千倍に引き延ばす(あるいは縮小する)ことができます。したがって、ベクターグラフィックスはラスターグラフィックスよりもはるかに汎用性があります。

「ベクター化」とは、ピクセルベースの画像(JPEG、PNGファイルなど)をベクターベースのバージョン(SVG、EPS、EMFファイル)に変換するプロセスで、画像のすべての要素がラインまたはシェイプとして処理されます。 これには、テキスト、記号やその他の小さな詳細も含まれます。画質ベクター化後の2つの画像形式を肉眼で区別することはできません。 

どの画像がベクター化に適していますか?

すべてのラスター画像がきれいに見えるわけではありません。特に人や動物を撮影した詳細な写真などをベクターに変換するときれいな表示にはなりません。一方、図形に依存するロゴ、漫画、回路図のような画像は、ラインやシェイプで簡単に複製できるため、ベクター化に向いています。      

ベクターは実世界でどのように使用されていますか?

  • グラフィックデザイン: ラスターグラフィックをベクターグラフィックに変換すると、画質を損なうことなく簡単にサイズを変更できます。 
  • 地理学: 現在、地理システムは航空写真をスキャンし、ベクター化して詳細で正確な地図を作成しています。 
  • 建築学:紙の青写真をスキャンしてベクターに変換すると、デジタル形式での操作や共有が可能になります。
  • パターン認識:光学技術によって署名や肉筆をベクター化すると、デジタル化することができます(検索が容易になります)。 

画像をベクター化できるソフトウェアプログラム

ベクター化機能を備えた最も一般的なグラフィック編集プログラムは、Adobe Illustratorです。曲線を検出してベクターを作成できる[Live Trace]機能を備えています。その他の選択肢には、Corel PowerTRACE(Corel PowerDRAWからアクセス可能)やPotrace(オープンソースプログラム)などがあります。

ただし、ベクター化の最良の結果は手作業で達成されます。ラスターグラフィックをIllustratorのようなプログラムに読み込み、各シェイプを個別にトレースし、新しいベクターファイルとして組み合わせることで、最終的なグラフィックをより詳細に制御できます。 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?