プロフェッショナルビデオ編集ソフトウェアのガイド

優れた映画にはプロフェッショナルビデオ編集ソフトウェアが必要です。カメラが印象的であるかどうかは問題ありません — スムーズな移行ができず、特殊エフェクトや信頼できるフィルタがないプログラムでは、最終ビデオは何か欠けたものになります。以下では、映画制作会社に最適なソフトウェアが見つかるように、主な編集アプリケーションごとのメリットおよびデメリットを概説しています。


ビデオ制作に完全なクリップが必要ですか?Shutterstockには数百万ものクリップがあります。
コレクションから探してください

ビギナー 

Apple iMovie:
新型MacすべてにインストールできるiMovieはテーマ付ビデオテンプレートに最適です、スクラップブック、ニュース放送、その他の様々なシーンに映像を挿入します。作成するプロジェクトすべてが簡単に見つかるサムネイルでまとめられ、編集時にはクリップをタイムラインにドラッグするだけです。次に、Appleの巨大なメディアライブラリを使用して新規ダイアログ、サウンドエフェクト、音楽を追加できます、またGarageBandに専用のサウンドトラックを作成できます。Appleエコシステムが既に快適なら、編集を学ぶにはiMovieが最適です。
 
Windows Movie Maker:
Windowsの全ユーザーはこのアプリケーションを無料でダウンロードできます。このデザインは高度に直感的で、ドラッグ&ドロップシステムによりビデオクリップ(または写真)をシンプルなタイムラインに素早く並べ替えることができます。そこから、プリセット移行、スクローリングクレジット、レイヤーテキスト、フィルムサウンドトラックを追加できます。メインツールバーからこれらの機能に簡単にアクセスできます。ビデオ共有の準備が出来たら、YouTube、Facebook、その他のソーシャルネットワークの一連のボタンもメインツールバーに表示されます。基本編集については、Movie Makerほど簡単ではありません。
 
中級 

Adobe Premiere Pro:
Available for MacおよびWindowsで利用できるAdobeのプロフェッショナルビデオ編集ソフトウェアは、主要な報道機関や長編映画製作社が使用しています。それは様々なビデオやオーディオの形式をサポートしているため、各種ソースからメディアを簡単に統合できます。その他、AdobeのCreative Cloudに慣れていると、作品をAfter Effectsにエクスポートしてモーショングラフィックスを追加したり、Photoshopにエクスポートして高度な画像調整を行えます。リストになる機能の数には圧倒されるかもしれませんが、ビデオ、グラフィックデザイン、ウェブ作成を1つのワークフローに統合するにはAdobeは間違いなく最適なオプションです。
 
Apple Final Cut Pro:
Final Cut Proはインディー映画製作社のシーンを何年間も独占しています、その理由は機能が豊富でインターフェースをスムーズに操作できるからです。Final Cut Pro Xが導入されて以来、このユーザーベースは新バージョンの自動化機能がとても気に入っているマニアと全バージョンほどではないと考えるプロの編集者に分かれています。あなたの意見がどのようであっても、Appleのハイエンド編集ソフトウェアは、3Dモーショングラフィックスを処理し、フル解像度4Kビデオをカットし、多数の高度なプラグインを利用する機能を多く備えています。  
 
Advanced
 
Avid Media Composer:
映画産業ではAvidとして知られるこの製品は現在でも編集ソフトウェアの参照基準です。最新バージョンの機能は、64音声トラック、編集時のビジュアルフィードバック、クリップが再生中にスタッターが発生しないスマートなメモリーキャッシングをサポートしています。ビデオカスタマイズ、利用可能なプラグイン、およびコントロール全体のレベルは他に類を見ません。Avidは他のプログラムよりも習熟するのに時間はかかりますが、 プロの編集者になるためには取り組む価値は充分にあります。
 
Autodesk Smoke:
最後に、Smokeの主な使用目的は編集ではなく、プロのプロジェクトに最後の仕上げを加えることです。これには極めて詳細な3Dモデル、構図、色補正、メインの編集ソフトウェアにはない他のエフェクトが含まれています。フィルムにCGIやアニメーションが多くある場合は、Smokeが別のレイヤーを追加して仕上げるための最適なツールです。  

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?