ビデオファイルのサイズの縮小方法

コンピュータの速度は高速になり、ハードドライブのスペースは容易に得られるようになりましたが、ビデオファイルをインターネットで共有するのは依然として扱いにくい作業です。一般的に、RAWビデオファイルをウェブで使用するには大き過ぎるため、それらを最初に最適化する必要があります。コンテンツを個人のウェブサイトにアップロードする、それをEメールで送信する、またはそれをYouTubeチャンネルに追加する場合、ビデオファイルのサイズを縮小する方法を学ぶことは重要です。以下では、アップルやマイクロソフトに内蔵されている編集ソフトウェアを使用してビデオファイルのサイズを縮小する方法について概説しています。  


ビデオ制作に完全なクリップが必要ですか?
Shutterstockには数百万ものクリップがあります。コレクションから探してください


アップルのiMovieを使用する

  1. 最初にiMovieを開いて、サイズを変更したいビデオファイルを見つけます。それがプログラムにインポートされていない場合、最上部バーのファイルタブに進み、「メディアのインポート」をクリックして追加します。それをディレクトリ内で見つけて、「インポートの選択」を選択します。 

  2. 次に、インポートしたビデオを画面の下半分にあるiMovieタイムラインにドラッグします。ビデオの送信元、またはビデオ編集のために最初に使用したプログラムは問いません — iMovieは他のプロジェクトの様にビデオを処理します。 

  3. これでビデオを新しいサイズでエクスポートできます。右上隅の共有ボタンをクリックし(それは上向き矢印があるボックスのようです)、「映画のエクスポート」を選択します。新しいダイアログボックスが表示され、ファイル名、解像度、品質全体を編集することができます。 

  4. ビデオをQuicktimeファイルとして保存するには、「Quicktimeでエクスポート…」オプションを代わりに選択します。ここではビデオ形式、フレームレート、画像のサイズなども指定できます。設定に問題がない場合は、[エクスポート]をクリックします。  


Windows Movie Makerを使用する

  1. iMovieのように、Windows Movie Makerは無料で簡単に使用できる、ビデオ編集用プログラムです。ビデオのファイルサイズも素早く微調整できます。最初に、左パネルを見てビデオキャプチャ見出しの下側の「ビデオのインポート」オプションを選択します。ビデオを見つけてからそれをダブルクリックします。

  2. これで新たにインポートしたビデオは「コレクション」に表示されます、それは右側にあるお大きいパネルです。それをプロジェクトに正式に追加するには、サムネイルをメインのタイムラインにドラッグします。 

  3. ここで、ビデオを新規ファイルとして保存します。左パネルの映画の見出しの完了を見つけて、「マイコンピュータに保存」オプションを選択します。これで映画の保存ウィザードが開きます、それにはビデオのファイルサイズの設定がいくつかあります。  

  4. 最初に新規ファイルの名前を選択し、[次へ]をクリックします。映画の設定と呼ばれる新規ボックスが表示され、「マイコンピュータで最高品質で再生する」、「ファイルサイズに最適にフィットする」、「その他の設定」を選択できます。 

  5. 「ファイルサイズに最適フィットする」を選択すると、特定のサイズ(つまり10 MB)を指定できるため、プログラムはそれらの制限内でフィットするようビデオを最適化します。同様に「その他の設定」では特定のアプリケーション用にビデオ解像度を選択できます。設定に問題がなければ、[完了]をクリックして修正したビデオファイルを保存します。 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?