ビデオトランシジョンのタイプ

映画をまとめて編集する際には、あるショット(またはシーン)を次のショットにブレンドするのにトランシジョンが役立ちます。それらはドラマ、ユーモア、ミステリーをある瞬間に投入したり、エンディングクレジットに徐々に フェードします。映画では過去一世紀に渡って、特定のトランシジョンが象徴的な ステータスを確立しました、監督はトランシジョンを芸術的デバイスや遊び心に満ちたオマージュとして利用しました。あなたが 意欲のある映画製作者で基本的なトランシジョンをいくつか理解すると、 編集室には著しい変化がもたらされます。以下では、映画で最も普及している5つのトランシジョンを概説しています、 これらは現在の編集ソフトウェアで直ちに利用可能です。 


ビデオ制作に完全なクリップが必要ですか?
Shutterstockには数百万ものクリップがあります。コレクションから探してください
フェード
最も普及しているトランシジョンの1つであるフェードは通常、映画の 最初および最後で使用されます。通常、「フェードイン」は黒い 背景で始まり、シーンが徐々に見えるようになります。一方、「フェードアウト」は 黒(または赤のような別の単色)へとフェードしてシーンが終了します。これらの トランシジョンはドラマチックで決定的であるため、映画では通常多くても2、3回 使用されるだけです。 1つのストーリーラインの完成にフェードを使用し、 別のシーンに入る前に、見る人に対して筋を思い巡らせる場を提供する監督もいます。

ワイプ
実に様々なワイプがありますが、それらの大部分には時間的変化を印象付ける 効果があります。サイレント映画で普及したワイプは1つの形状やライン (円、ダイアモンド、斜め線など)で始まり、フレームを移動して前のシーンを次のシーンが割り込むようにして 表示されます。ジョージ・ルーカスはインスパイアされ スターウォーズフランチャイズでワイプを徹底的に導入しスリルと冒険に満ちた壮大なストーリーに 仕上げました。 

カット
これは最もシンプルにあるショットから次のショットにつなぐ方法です。技術的に、基本的な カットはトランシジョンではありません、最初のショットが次のショットにつながり、シーンが1つの大きなシークエンスに変化 していくのです。ただし、様々なカットをクリエイティブに活用すればシーン の重要な意味合いを深めたり、シュールな瞬間を生み出すことができるのです。例えば、「ジャンプカット」は1つのショット内に 不自然なカットを作り、 タイムラインの連続性を効果的に分断するのでペースが速くなったり、意外性を感じさせます。 

Lカット
この極めて役立つカットでは、新しいカット(またはシーン) にジャンプしつつ、前のカットの音声を使用することができます。例えば、食堂で2人が実際に交わしている会話を描写する際に 重要な瞬間で各人物を時折クローズアップして ショットを変化させたいこともあるでしょう。この作業を音声 トラックの前後に飛ばずに行うには、1人の俳優に 話続けさせて、他の俳優のショットに繋ぎ合わせます(音声なし)。これは以前は 手作業で行いました — 編集者はフィルムをL形にカットし音声トラックを保持しつつ 映像を代替したものです — 現在の編集ソフトウェアではより簡単に行えます。 

ディゾルブ
最後に、このトランシジョンは2つのクリップを重ね合わせます、最初のクリップが終わるにつれ、 次のクリップが始まります。Final Cut ProやiMovieのようなソフトウェアでは、 ディゾルブの速度および強度を微調整できるので、見る人は様々な感情を呼び起こします。例えば スローディゾルブでは時間の経過を象徴して、幻想シーン に変わったり、人物の記憶を共有します(フラッシュバックなど)。

 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?