ビデオアスペクト比とは何ですか?

ビデオアスペクト比とは何ですか?アスペクト比は歴史は複雑ですがシンプルなコンセプトです。アスペクト比は基本的には画像の縦と横の比率です。この比率は2つの数字で表されます、4:3または 16:9、あるいは1.85や2.35などの小数です。これらの小数は1.85:1や2.35:1などの比率で記されることもあります。以下では、最も普及しているビデオアスペクト比の一部を分類し、それらが幅広く採用されている理由を概説します。  

現在の標準

4:3標準

4:3標準は映画用カメラが発明されて以降使用されています。1892年にはトーマス・エジソンが写真家ウィリアム・ディクソンと共に4:3比率を開発しました。コダック社が1890年代前半に曲がるフィルムを大量生産し始めた時に、トーマス・エジソンはこの新しいフィルムを映画用プロジェクタの前身であるキネトスコープと呼ばれる装置で使用することを考えました。エディソンとディクソンは試行錯誤の末に、試作機を完成させました。彼らは35mmフィルムを採用する際、映像の高さはパーフォレーション4個分とし、4:3の比率に辿り着きました。彼らがこの比率を採用した理由を正確に知る人は誰もいませんが、4:3の時代はその後もずっと続くことになります。1909年までには映像特許の会社が、4:3が米国で制作/上映される全映画の標準であることを宣言しました。
 

16.9標準

1950年代には興行収入が減少したので、ハリウッドはテレビと競い合うため、2.35:1「アナモルフィック」のような新しいワイドスクリーンのアスペクト比を採用しました。テレビメーカーはそれに応じて、4:3とアナモルフィックのほど良いところを考え16:9 (2つのアスペクト比間の幾何平均)に決定しました。2000年代初期以来、放送局は4:3標準を段階的に廃止しています。16:9は今ではHDTVの国際標準形式でありYouTubeを含むオンラインビデオストリーミングサービスで優先される形式です。

ビデオをYouTubeにアップロードする

現在のほとんどのデジタルカメラには16:9で撮影できるオプションがあります。ただし、そのオプションがない、または別のアスペクト比で撮影したい場合、プロジェクトをYouTubeにアップロードする際に注意することがいくつかあります。16:9ではないファイルをアップロードすると、YouTubeはピラーボックス(ビデオの各サイドのブラックバー)またはレターボックス(上下のブラックバー)を自動的に追加するため、ビデオは切り取られたり引き伸ばされることなく適切に表示されます。

アップロード前にレターボックスをビデオに追加すると、YouTubeプレイヤーはピラーボックスも追加するため、ブラックフレームがビデオ全体を囲んでしまい、「ウィンドウボクシング」として知られる望ましくないエフェクトが発生します。YouTubeにアップロードする際には、ビデオ解像度を考慮することも重要です。最適な結果を得るには、ビデオを次の解像度のいずれかでエンコードしてください: 

  • 2160p: 3840x2160
  • 1440p: 2560x1440
  • 1080p: 1920x1080
  • 720p: 1280x720
  • 480p: 854x480
  • 360p: 640x360
  • 240p: 426x240
     

ビデオ制作に完全なクリップが必要ですか?
Shutterstockには数百万ものクリップがあります。コレクションから探してください


  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?