ビデオをEメール用に圧縮する方法

通常、非圧縮ビデオファイルは大きくてアップロードに長時間かかります。映画を数人の友人に送信するには、それらを複数のメッセージにまたがって強制的に分割する、または有料のクラウドストレージに登録します。いずれの方法であっても、送信者と受信者の双方に不便です。  ビデオをEメール用に圧縮する方法を学べば、ホームムービーやクリエイティブなプロジェクトの小さいほうのバージョンを共有する際に役立つスキルになります。ビデオのサイズを縮小するオプションは少数ですが、WinRarやZipegのようなアーカイブソフトウェア、Windows/Mac用の組み込みビデオ編集プログラムがあります。以下では、品質を犠牲にせずにビデオをEメール用に圧縮する方法を概説しています。 


ビデオ制作に完全なクリップが必要ですか?
Shutterstockには数百万ものクリップがあります。コレクションから探してください


Zipプログラムを使用
これが大抵、ビデオファイルを最も簡単に送信できますが、圧縮はファイルのサイズを多く縮小するだけです。Windowsを使用している場合は、WinZipやWinRarの無料バージョンのダウンロードをお勧めします。Apple OS XにはArchive Utilityと呼ばれる内蔵プログラムが搭載されているため、Macユーザーの場合は大抵別のソフトウェアをダウンロードする必要はありません。

アーカイブソフトウェアをインストールしたら、圧縮したいビデオファイルを右クリックします。Windowsには、リストに「圧縮とEメール」のオプションがあります。それをクリックすると、デフォルトのメールプログラムが開きます。これでビデオは圧縮されメッセージに添付されます — 受信者のEメールアドレスを入力して「送信」を押すだけです。

一方、OS Xでは、ビデオを右クリックすると、オプションの様々なリストが開きます。「圧縮[ファイル]」を選択して新規の.zipファイルを作成してから、お気に入りのEメールクライアントにアクセスしてメッセージを下書きします。

Windows Movie Makerを使用
Movie Makerの場合、ビデオをEメール用に最適化するのに手間がかかりません。最初にプログラムを開き、ビデオファイルをインポートします。次に、ファイルを画面最下部のメインタイムラインにドラッグします。 

次に、新たにサイズを設定したビデオファイルをエクスポートします。その作業では、ファイルタブに進み、「映画ファイルの保存」を選択します。新規ファイルに関する小数のダイアログプロンプトが表示されます。映画の設定に進み、「別の設定」バブルを有効にしてから、「ブロードバンド用ビデオ」を選択します。およそ340 KpbsがEメールで送信するのに最適なビットレートです。設定に問題がなければ、先に進んで保存プロセスを完了します。 

iMovieを使用
Eメールで使いやすいビデオファイルをiMovieでエクスポートするのはとても簡単です。新規プロジェクトを開いてから、ビデオファイルを右側にあるクリップタブにドラッグします。これでビデオはiMovieにインポートされます。それが完了したら、クリップをメインのタイムラインにドラッグします。ビデオクリップはこれでプロジェクトの一部になりました。

次に、適切なビデオ品質のプロジェクトをEメールにエクスポートします。最上部メニューの共有タブに進み、「QuickTime」を選択します。ダイアログボックスが「映画の圧縮」と呼ばれるドロップダウンオプションと共に表示されるので、「Eメール」または「ウェブストリーミング」(設定する品質に応じて)を選択します。「共有」をクリックする前に、ダイアログボックス内に推定されるビデオサイズが表示されます。作業を保存して、共有します。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?