ビデオの背景を削除する方法

単純な背景または単色の背景(つまり「グリーンスクリーン」)を使用してビデオクリップを編集している場合、その背景を別の画像またはクリップと簡単に置き換えることができます。これはショットの「キーイング」とも呼ばれ、最近の編集ソフトではわずか数ステップでビデオの背景レイヤーを削除することができます。次にFinal Cut Pro Xでビデオをキーイングする方法を概説します。 


ビデオ制作に完全なクリップが必要ですか?
Shutterstockには数百万ものクリップがあります。Shutterstockのコレクションから探してください


  1. 最初に、ビデオクリップの背景が均一で滑らかな単色であることを確認する必要があります。通常、キーイングに最適な色は緑と青ですが、他の色の背景も削除することができます。  
  2. 次に、Final Cutのタイムラインで置換クリップを準備します。それをイベントセクションからプロジェクトにドラッグし、Eを押してクリップを追加し、最初のクリップを選択してQを押して接続します。これで、2つのクリップがリンクされます。  

  3. 次に、[Effects]ブラウザに移動し(またはCommand + 5を押して開き)、[Keying]セクションをクリックしてブラウザから[Keyer]エフェクトを元のクリップにドラッグします。 

  4. マウスを離すと、[Keyer]は自動的にクリップの背景の削除を開始します。プロフェッショナルなグリーンスクリーンを持つクリップでは他にすることはありませんが、DIY映像作家はエフェクト設定の微調整が必要になる場合があります。     

  5. [ Keyer]パラメータを調整するには、Command+4を押して[Inspector]ウィンドウを開きます。さらに[Keyer]見出しの横の三角形をクリックして、エフェクトの詳細設定を開きます。[Keyer]が機能していることを判断する1つの方法は、[Inspector]で[View]ボタンをクリックします。これによりクリップがグレースケールマットに変更されます。これは、ソフトウェアにより削除された背景のセクションを正確に示します。前景に目立つ黒いマークがある場合や背景に白いマークがある場合は、[Keyer]を手動で調整してください。  

  6. 調整するには、[Keyer]設定に戻り[Strength]を0に設定します。次に、ビデオの背景色を削除するには、削除する色の値を指定する必要があります。 [Sample Color]アイコンを選択し、クリップの背景のクリーンなセクションにドラッグしてサンプルを取得します。さらに精度を上げるには、[Edges]アイコンをクリックし、背景から被写体にラインをドラッグします。これにより、できるだけ多くの背景色を削除しながら、被写体の縁を確実に確保することができます。     

  7. 最後に、[Spill Level]スライダーを調整して、被写体に残った背景色を削除することができます。[Spill Level]が大きすぎると画像にマッチしない色が取り込まれ、小さすぎると背景色が残ってしまいます。  

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?