ビデオの編集方法

ビデオの編集方法を学ぶのは、あなたが考えているよりも簡単です。ユーザーフレンドリーな編集ソフトウェアがほぼすべてのMacやWindowsマシンに搭載されているため、クリップを仮想タイムラインにドラッグしてストーリーを素早くつなぎ合わせることができます。以下では、ビデオをiMovieでカットするための基本ステップを概説しています。 
ビデオ制作に完全なクリップが必要ですか?
Shutterstockには数百万ものクリップがあります。コレクションから探してください
はじめに
  1. 最初に、iMovieの基本的なインターフェースを見てみましょう。プログラムの左側には、ライブラリペインがあります、このペインにはビデオクリップ、写真、現在のプロジェクトのすべてへのショートカットがあります。このペイン内の最下部にはコンテンツライブラリもあります、このライブラリではトランシジョン、タイトル、音楽ライブラリ、その他のメディアに素早くアクセスできます。 

  2. ビデオクリップや他のファイルをクリックすると、ブラウザのペインにプレビューが表示されます。検索バーもあり、名前(またはタグ)別にファイルを検索してからそれをビデオで使用するかどうかを決定できます。一方、ビューアペインには日付、解像度、長さを含むメディアファイルに関する詳細が表示されます。 

  3. iMovieの最下部には、プロジェクトペインと呼ばれる長いビジュアルタイムラインが表示されます。このエリアで、クリップをより長いシークエンス内にまとめ上げたり、音声トラックを追加します。ビデオや音声ファイルをプロジェクト内の設定したい場所にドラッグします。 


ビデオをインポートする
ビデオの編集方法を 学ぶ前に取り組むクリップが必要です。プロジェクトに投入したい新しい映像がいくつかある場合、ファイルメニューから「メディアをインポート」をクリックします。新規インポートウィンドウが表示されます。付属カメラはカメラセクションの下部にリストされています — デバイスを選択し、インポートしたメディアを配置したい場所(「インポート先」の下部)を選択して、必要なクリップをハイライト表示してから「選択したものをインポート」をクリックします。 

iMovieにロードされていないクリップがハードドライブに存在することもあります。それらのインポートにかかる時間はわずか数秒です。カメラセクションの下部には、デバイスおよびお気に入りのセクションがあります。前者では、ハードドライブやUSBデバイスを検索し、メディアファイルを選択してからそれらをインポートできます。一方、お気に入りにはユーザーディレクトリ、デスクトップ、および映画フォルダへのクイックショートカットがあります。 

音声をインポートする
同じインポートウィンドウで音声ファイルをiMovieライブラリに追加します。デバイスセクションをクリックし、インポートしたい音声ファイルを見つけてから、「選択したものをインポート」を選択します。フォルダ全体を選択してから、「すべてインポート」を選択することも可能です。インポートしたビデオとは異なり、新規音声ファイルはブラウザのペインにグリーンバーとともに表示されます。 

クリップの追加と編集
メディアをプロジェクトのペインにドラッグする方法を既に説明しましたが、新規クリップも追加するにはそれらを選択してEを押します(または+ボタンをクリック)。クリップの特定のセクションだけを追加するには、必要なエリアをクリックしてドラッグしEを押すだけです。 

それらをプロジェクトに追加したら、クリップの編集は簡単です。最初に、クリップをクリックしドラッグしてそれらを新しい順に並べ替えます。クリップの長さを編集するには、クリップの端をクリックして必要な方向にドラッグするだけです。このようにクリップを短くしたり長くします。 

トランシジョンとタイトルを挿入する
適切な位置に置かれたトランシジョンやタイトルをいくつか追加すると、ビデオの品質をお金をかけずに向上させることができます。トランザクションはコンテンツライブラリ内にあります、凝った、面白い、個性あふれるスタイルから選択できます。トランシジョンを選択すると、プレビューがブラウザのペインに表示されます。表示が気に入れば、トランシジョンをプロジェクトの2つのクリップ間にドラッグ&ドロップします。 

タイトルにもコンテンツライブラリに専用のセクションがあります。適切なタイトルのスタイルが見つかったら、それを2つのクリップ間、または映画の最初や最後にドロップします。次に、プレースホルダーのタイトルをダブルクリックして新規テキストを入力します。 

作品をエクスポート
傑作を完成したら、画面最上部の共有ウィンドウをクリックします。Eメール、iTunes、YouTube、Facebook、ファイルを含むアイコンのリストが表示されます。
  • Eメール: ビデオのより小さいバージョンをEメールで送信します。これは家族間のホームムービーの共有、またはクライアントベースのマーケティングビデオの取得に最適です。
  • iTunes: 映画のサイズ(最大HD 1080p)を選択してから、それをiTunesライブラリにエクスポートします。
  • YouTube:ビデオをYouTubeアカウントに直接的にエクスポートし、見る人を選択してから、タグを追加してより簡単に検索できるようにします。
  • Facebook: ビデオをソーシャルメディアプロフィールで友人や家族と共有します。
  • ファイル: ビデオのQuickTimeバージョンをハードドライブに保存します。これは次にiDVDプロジェクトの作成に使用します。   
  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?