パントンとは何ですか?

パントンとは何ですか? 

色はメディアに関係なくすべて同じと考える人がほとんどです。赤は単に赤にすぎないですか?コンピュータ画面の色はプリントで見る色とは異なります。色は異なるプリンター、異なるコンピュータモニター間でも大きく変わります。だからこそ、色のスペクトラムを標準化する方法が必要なのです。
 
パントンはパントンマッチングシステム(PMS)で最も知られている企業です。これは色をマッチングする産業標準であり、極めて正確です。元々は印刷産業で使用するためにデザインされたこのシステムは、今では様々な産業で採用されており、織物、塗料、プラスチックといったメーカーが含まれます。各地域の様々なメーカーはパントンの番号が付いた色を参照して、色が全体にわたってマッチしていることを確認します。
 
ほぼ2,100に及ぶパントンの標準色ごとに一意のコードが付けられ、C、U、またはMの接尾辞が後に続きます。例えば、パントンイエロー101はパントン101 C (C=コート紙)、パントン101 U (U=非塗工紙)、またはパントン101M (M=マット紙)。
 

パントンマッチングシステム

パントンマッチングシステムでは、既定の色記号を使用して多数のインクカラーを作成します。地域のペイントショップのペイントスウォッチガイドのように、パントンチャートは何千ものカラースウォッチで構成されており、すべてが基本色のパレットから作成されます。PMSインクの使用はスポットカラープリントと呼ばれています。パントンスポットカラーの作成は、イエローとブルーを混ぜてグリーンになるなどのペイントを混ぜることと同様ですが、はるかに正確かつ的確です。色に割り当てられる一意のコード、またはそのPMS番号は、必要な正確な色の特定に使用されます。
 

パントンを使用する理由は?

色を複数のプラットフォームや素材で同一にする必要がある場合、PMSカラーを使用してください。PMSを使用するメリットの数例を次に示します: 

  1. 一貫したブランディング/ロゴ: コカコーラ社はそのロゴを様々な商品にプリントする際に、「コークレッド」と知られている同じトーンのレッドを必ず使用しています。この会社はそうした一貫性をどのように達成していますか?コークレッドは実際にはPMS 484です。コカコーラのロゴがいつ、世界のどこでプリントされようとも、これが使用されるカラーコードです。 
  2. CMYKの範囲外の色:明るいオレンジなど、CMYKで作成できない色もあります。そのような場合、PMSカラーを使用する必要があります。
  3. 大きいエリアをカバーする:大きいエリアを単色でコーティングする場合、PMSカラーは良く機能し、極めてスムーズにカバーします。

プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます! ライブラリのコレクションをご覧ください


  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?