タイポグラフィとは何ですか?

タイポグラフィとは何ですか? 

タイポグラフィは日々私たちの周りにあります、つまり私たちが絶えずやり取りしている言葉や文字にあるのです。ただし、それがメッセージの伝達において心理的効果があることを理解している人はほとんどいません。目にするほぼすべての活字において、文字、文章、パラグラフがどのように見えるのかを考慮している人もいます。タイポグラフィのスタイルによっては、情報が得られたり、ワクワクする気持ちになったり、ほとんど判読できないほど不可解に見えたりします。全く問題がないこともあれば、問題があることもあります。
 
つまり、タイポグラフィは書かれた言葉を判読でき、見て心地よく感じられるように活字をアレンジするテクニックです。手書きの便箋を起源とするタイポグラフィは、グーテンベルクのムーバブルタイプで初めて確立されました。それでは、実際面ではタイポグラフィとは何ですか?

タイポグラフィの要素

書体とフォント:書体は一連のフォント(Helvetica Regular、Helvetica Italic、Helvetica Black、Helvetica Boldなど)です。フォントはそのファミリ(Helvetica Italicなど)内の1つのウェイトやスタイルを指します。
 
デザインでは、書体は通常6つの活字、または「フォントファミリー」に分類されます。6つの活字:

  • Serif
  • Sans-serif
  • Monospaced
  • Cursive
  • Fantasy
  • Script

文字の周りのスペース
文字の周りの空白スペースを考慮することが重要です。文字の間および文字の周りでいくつか調整することすべてが、タイポグラフィ独自のコンセプトです。通常、これらはワードプロセッサーの高度なフォント設定の下側にあります。 

  • カーニング:個々の文字間のスペース
  • トラッキング:文字グループ間のスペース
  • リーディング: 活字の行間のスペース
  • メジャー: テキストの行の長さ
  • アライメント: テキストを左、右、中央に配置する、または揃える 

その他のタイポグラフィの要素
タイポグラフィは書体を選んで、書いた文字の周りのホワイトスペースを調整するだけではありません。デザイン作業でタイポグラフィを使用する際に留意する特性が他にも数多くあります。
 
ハイフネーション:行の最後にハイフンを追加すると、判読性の問題を防ぎ、良く見えるように調整するのに役立ちます。通常はハイフネーションについて考える必要はありません、それはワードプロセッサーやウェブブラウザで自動処理されるためです。
 
ラグ:不揃いなテキストブロックの端部はラグと呼ばれています。タイポグラフィに焦点を当てる際には、テキストブロックを全体として見て、ラグがデザインに影響を与えていないことを確認しますラグがぎざぎざ過ぎる場合に、紛らわしくて読みにくくなることもあります。
 
タイポグラフィをチェックする
以下には、タイポグラフィを学び、それが手元のプロジェクトに適切であることを確認するためのシンプルなガイドラインが記されています。 

  1. 書体を慎重に選択し、フォントのファミリー、およびそれがコンテキストに適切であるかどうかに注意を払ってください。
  2. プレースホルダーテキストでデザインを設定しますが、デザインで実際のテキストを見るまでは最終デザインを承認しないでください。
  3. テキストブロックのラグなど、タイポグラフィのディテールに細心の注意を払ってください。こうした細かいディテールは読みやすさにかなり影響を及ぼします。
  4. テキストの各ブロックを見て、用語がなかったかどうかを確認してください。テキストがそのページで作成する形状は何ですか?これらの形状がより大きいページのデザインを補完することを確認します。 

プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます! ライブラリのコレクションをご覧ください


  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?