ストップモーションビデオの作成方法

コンピュータのアニメーションとは異なり、ストップモーションビデオはかなり作りやすいです。カメラを所有しクリエイティブなストーリのアイデアを考え出せる人なら誰でも楽しむことができます。ストップモーションのスタイルを作るには、被写体(アクションフィギュアなど)の写真を撮り、それをほんの少し動かしてから別の写真をスナップして、アニメーションクリップをつなぎ合わせるまでそのプロセスを繰り返します。


ビデオ制作に完全なクリップが必要ですか?
Shutterstockには数百万ものクリップがあります。コレクションから探してください


以下では、ストップモーションビデオを作成する基本ステップを概説しています。 

  1. カメラを準備する: 優れたストップモーションのクリップを作成するのに特に高価なカメラは不要です。平均的なウェブカムでも作成可能です。ただし、カメラが撮影中に動かないようにするには、三脚や堅牢なテープの使用をお勧めします。カメラが急に動くとアニメーションを損なわせることになります。カメラを設定したら、コンピュータに接続してソフトウェアが読み取れるようにします。 

  2. ソフトウェアをダウンロード: MacやWindowsには、iStopMotion、Boinx、Stop Motion Pro、iKITMovieといった異なるストップモーションプログラムがいくつかあります。タブレットやモバイルのユーザーは、FrameographerやClayframesのようなソフトウェアでストップモーションビデオを作成することも可能です。

  3. ストーリーラインをプラニングする: 次に、フィルムに相応しいスターキャラクターを選択する必要があります。動きを豊かに表現するものなら何でも、ストップモーションに最適です。クラシックな例としては、レゴ、アクションフィギュア、クレイモデル、その他の子供用おもちゃが挙げられますが、それらに限定せずに他のアイテムも使ってみてください、ビデオに一貫性をもたせるために、キャラクターを動かす前に漠然としたプロットを考え出すことをお勧めします。順調に進めるには、ストーリーボードをいくつか描いたり、基本スクリプトを記述してから撮影するのが賢明です。

  4. 適切な場所を見つける:ライブアクションビデオとは異なり、ストップモーションはライティングが不足していたり、背景が変化すると台無しになることがあります。シーンをコントロールするほど、見栄えは良くなります。カーテンを引いて自然光をブロックしてから、光がちらつかないランプを設定すると画像は安定します。見つけた場所も状況に応じて変化しないようにします、毛布をかけたり、フィルムの設定としてロゴシーンを使用します。

  5. 撮影を始める: 準備が全て整ったら、スナップ写真を撮り始めます。ストップモーションソフトウェアが実行され、カメラフィードがモニターで見えることを確認します。写真を撮るたびに、ソフトウェアは使用しているクリップにその写真を追加します。最初の写真の撮影後は、キャラクターをほんの少し動かしてから、別の写真を撮ります。 

キャラクターの動きをショット間の距離とほぼ同じ距離に保持してください、ただし、それらの動きを少し異なる動き(走ったり、スピードを落とすなど)にする場合は除きます。アニメーションの動きをより遅く感じるようにするには、キャラクターの動きが遅くなるように各画像のコピーを1枚(または2枚)取ります。フレームを6回以上コピーすると、ポーズでさえ長くすることができます。ストップモーションの撮影中はカメラの焦点が常に合っていることが極めて重要であることに注意してください、合っていないとブレが発生し光がちらつくようになります。 

特定のフレームについて不明な場合、ソフトウェアのクリップをプレビューし、先に進む前に見栄えを確認してください。フレームはいつでも削除してより良いフレームに交換できることに注意してください。それではお楽しみください!

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?