ストック動画使用に関するヒント

ストック動画は、ビデオクリップや長い作品の制作で非常に役立ちます。ハリウッドでもインディーズの映画制作者も増加中のYouTubeのスターもストック動画を使用しています。ストックを再利用したからと言って、決して怠惰なアーチストではありません。実際、歴史的な目的、パロディー、オマージュ、または他の方法で得ることができない特定の効果でストック動画を使用する非常に創造的な方法があります。次に、ビジュアルな作品の作成でこの便利なクリップを使用するためのいくつかの適切なヒントを紹介します。


ビデオ制作に完全なクリップが必要ですか?
Shutterstockには数百万ものクリップがあります。Shutterstockのコレクションから探してください


真実味のある動画を探し出す
外観や雰囲気に真実味があるクリップを探す必要があります。さらにそのクリップがプロジェクトの他の部分の妨げにならないようにします。ストック動画には、大げさな仕掛けを感じさせるクリップから宇宙空間の地球を感じさせる壮大なクリップまで、非常に幅広くさまざまなクリップがあります。

視覚的な世界に真実味を感じさせることができるような被写体、選択された衣装、ロケーション、幅広い芸術的な方向性を考慮して、動画素材を選択してください。たとえば、ファンタスティックな物語の場合、くすんだ色や日常を強く感じさせるストック動画を使用すべきではありません。プロジェクトはどれも同じではありません。ディレクターはそれぞれのプロジェクトに適切に対応する必要があります。

類似した画質と解像度の動画を探す
同様に、特別な視覚的エフェクト(テレビで再生しているVHSテープやセキュリティシステムのカメラフィードなど)が必要な場合を除き、ストック画像はオリジナルのクリップと同程度の画質であることが重要です。ストッククリップを検索する前に、プロジェクトの解像度を確認してください(1080pなど)。これについては、編集者やカメラマンと必ず話し合ってください。次に、要求される解像度にできるだけ近い動画を探します。

可能ならば制作者のクレジットを表示する
ストッククリップが無制限に使用できるロイヤリティフリーのライセンスを購入している可能性もありますが、可能な限り動画の所有者を引用するようにしてください。万一、ライセンスに存在する帰属を見落していた場合でも安全に対応ができます。このために必要なのは、エンディングクレジットの「Special Thanks」セクションに挿入するたった1行の記述です。ここに、ストック動画の会社名や寄稿者を記載します。

やりすぎない
同様に、ロイヤリティフリーのライセンスではストッククリップを何回でも使用できますが、だからと言って必要以上に繰り返し使用することは意味がありません。本来の目的は、最高のビデオ作成であるはずです。同じクリップを繰り返し使用することはこの本来の目的に反します。そればかりか動画の視聴者を冒涜する行為と言っても過言ではないでしょう。しかし、特定の状況(ドキュメンタリまたはニュースセグメントなど)でナレーション時間をカバーするために、やむなく繰り返しの使用が必要になる場合もあります。このような状況では、クリップをフィルタリングしたり、速度を変えて再生することをお勧めします。さまざまな方法を試してください。

ライセンス規則を確認する
最後に、ストック動画を使用する前にライセンス契約を必ず読んでください。各ライセンス契約は同じではありません。権利内容について確実に把握してください。特定のクリップが使用できない場合もあります。動画の使用契約を締結する前に理解できない条項がないようにしてください。ストック動画の会社がプロジェクトのアイディアが使用する動画に対し不適切だと判断する場合もあります。また、国際間の動画使用について特定の規則を定めている会社もあります。大きな問題に発展しないように、必ず徹底的に下調べをしてください。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?