ストック動画の最適なビデオ形式

今日のストック動画は、特に4Kのような高解像度で撮影されている場合、従来よりも多くのハードディスク容量が必要になります。ビデオは画質と実用性のバランスが必要なため、適切なビデオ形式を選択することがますます重要です。すべてのビデオ作家のための一律な解決策はありませんが、カメラと主題の検討について役立つことがあると思います。

たとえば、ハイエンドの4Kデジタルカメラで撮影している場合は、その驚異的な視覚を再現するコーデックを選択する必要があります。一方、スマートフォンでストック動画を制作する場合は、おそらく最高画質のコーデックでストレージスペースを無駄に費やす必要はありません。次にストック動画に最良のビデオ形式をいくつか概説し、それぞれのユニークな長所と短所、およびどのような場面に適しているかを示します。  


ビデオ制作に完全なクリップが必要ですか?
Shutterstockには数百万ものグラフィックがあります。Shutterstockのコレクションから探してください

H.264
特に手頃なミッドレンジの機器を使用している場合、この数年間でH.264はビデオアップロードの信頼できる標準となってきました。ストック動画でサイドビジネスを始めようとする平均的ビデオ制作者にとって、H.264はハイエンドのコーデックよりも扱いやすいファイルサイズを提供します。そのためにこのコーデックではビデオ画質の点で多少妥協しています。また、高度な圧縮を使用するため非線形タイムラインで編集するときにCPUをより多く消費します。

本格的な色補正では、H.264の色空間はPhotoResやPhotoJPEGほど詳細ではありません。しかし、全体的にH.264は大部分の編集ソフトやメディアプレイヤーでサポートされ、多くのプロ仕様デバイスのデフォルトのコーデックである点で、確かな選択肢と言えます。Facebookのようなソーシャルメディアプラットフォームは、ビデオファイルをデフォルトでH.264に変換しています。ストック動画操作を開始する場合、H.264から開始するのが最もよいでしょう。

ProRes
コーデックスペクトルの反対側の端にあるProResコーデックファミリーは、プロの機器でストック動画を撮影する場合に理想的な選択肢です。ファイルサイズはH.264よりもはるかに大きくなります。それはより豊かな色空間の提供、最高のビットレートのサポート(ProRes 4444 XQで画像チャンネルあたり最大12ビットを持つことができます)、さらに各ビデオフレームを個別に圧縮しているためです。

ProResには、必要に応じてさまざまなレベルの圧縮を提供する複数のバージョンがあります。 ProRes 4444 XQは最高のデータレート(約500 Mbps)を備えていますが、ProRes 422 HQ(220 Mbps)、ProRes 422(147 Mbps)、ProRes 422 LT(102 Mbps)、ProRes 422 Proxy(45 Mbps)もあります。 ProResファイルを作成するには、Compressor(Mac)やMiraizon(Windows / Mac)などの特別な変換ソフトウェアを購入する必要があります。

PhotoJPEG
最後に、PhotoJPEGは、H.264の実用性とProResの優れた解像度との間で中程度のビデオ圧縮を提供します。 ストック動画を提出するプロ仕様の機器の使用者やプロの卵の間では、一般的にPhotoJPEGがH.264より重要視されています。また、すべてのストック代理店でPhotoJPEGがサポートされています。コーデックの色空間も、4:4:4以下をサポートするため、ほとんどの用途に使用できます。また、豊かな明細度でイラスト作品が表示できるため、ストックグラフィックやアニメーションにも最適です。

一方、PhotoJPEGファイルはH.264よりも明らかに大きく、巨大なビデオアーカイブを扱う際に問題になる可能性があります。また、8ビットコーデックであるため4:4:4の色空間で使用した場合に、彩色でわずかにバンディングが発生することがあります。すべての面で完璧なビデオ形式はありません。固有のカメラ設定や解像度のニーズを考慮し、作業に最適なコーデックを見つけることが大切です。   

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?