グリーンスクリーンとは何ですか?どのようにすれば使用できますか?

「クロマキーイング」として知られるグリーンスクリーンでは、映画製作社は被写体を外部スペース、天気予報の前、または思い付く場所のどこかに配置できます。現在では、このエフェクトは映画、テレビニュース放送、スポーツコメンタリー、ビデオゲームで普及しています。カラーシート、最適な場所に配置したライティング、ラップトップを使用して誰もが次の制作に向けてこのテクニックを活用できます。


ビデオ制作に完全なクリップが必要ですか?Shutterstockには数百万ものクリップがあります。
コレクションから探してください

グリーンスクリーンはどのように機能しますか?
「クロマキーイング」と言われる理由はシンプルですが的を得ています。ビデオ編集ソフトウェアで特定の色(または「キー」)を選択すると、その色が映像から削除されます。次に、その色をビデオの別のレイヤーに置き換えることができます。そうした操作を正しく実行すると、実際の背景に反映されて、俳優が別の世界にいるように見えます。 
 
それらは常にグリーンですか?
技術的には、クロマキー処理はどの背景色でも可能ですが、明るいグリーンやブルーが最も普及しています。これらの色は人間の肌色とは明らかに異なるため、体の部分が背景と被る(または「同化される」)リスクはほとんどありません。デジタルビデオカメラはグリーンに良く反応するので、クリーンキーには細かい編集作業や巧みなライティング操作は不要です。一方、ブルースクリーンについては、フィルムのネガはブルーチャンネルに限定されるので、フィルムカメラにより適しています。そのため、背景がクリアーになり別のネガにコピーされて最終エフェクトが得られます。
 
ブルーやグリーンがすべての効果を生みだしているようですが.マゼンタや赤のような色もオブジェクトを消したり背景を替えたりするのに使用されています。 
 
この技術の発明者は誰ですか?
1930年代に発展したRKO Picturesは初めてブルースクリーンを使用して、前のシーンを実際に消してしまうフロントガラスワイパーといった精巧なトランシジョンを作成しました。1940年までは、ブルースクリーン技術が映画のストーリーラインにビジュアルエフェクトを加えるために使用されていました。こうした初期のクロマキーイングの展開においては、現在のグリーンスクリーンよりもはるかに制限されることが多くありました。まずは、エフェクトを機能させるためにカメラを固定する必要がありました、俳優は目線を変えることもできませんでした。
 
1980年代までにはコンピュータは進化してきたことで、俳優と背景画像を組み合わせるのに必要な光学プリントプロセスをコントロールすることができました。現在では、ボタンを押すだけでラップトップで実行できます、Shutterstockのようなサイトでは、ムービーメーカーによりシングルフレームをレコーディングせずに、グリーンスクリーンの映像を作品に追加することが可能です。象、飛行機、群衆を直ちにシーンに投入できます。
 
次の制作でグリーンスクリーンをどのよう使用できますか?
始めるにあたって必要な作業を次に示します:

  1. 背景: クロマキーイング用の適切な背景を作る方法は多くあります。地域のホビーショップに行くのをためらわないで、明るい色の布地がないか確認してください。スタジオに滑らかな壁やパネルがあれば、工具店でグリーンペイントも買い求めてください。背景がカメラフレーム全体を覆い、影を落としていない限り、準備ができています。

  2. 適切なライティング:画面以外では、良好なライティングが確かなエフェクトを作成するために最も重要な要素です。ソフトなライトを使用して背景に均一に広がるようにします、被写体には離れてライトを当てて影や反射の発生を最少限度にします。このプロセスをスムーズに行うには、画面の前の被写体を数フィート動かし、3ポイントシステム(すなわち、片側に2本のアングルライト、被写体とで三角形を形成)を使用してライトを当てます。

  3. 三脚: ほとんどのインディー映画製作社にはモーショントラッキングソフトウェアは手が届かないので一番確実なのはカメラをロックすることです。カメラの最も微かな揺れでさえ、被写体はグリースクリーンの背景で「バウンス」するので、録画を押して場を離れます。

  4. ビデオ編集ソフトウェア:最初の3ステップに上手く取り組んだら、背景のキーイングは簡単です。最初に、グリーンスクリーンのクリップをソフトウェアにインポートし、背景画像を第2トラックに配置して、クロマキーフィルターをオンにします。グリーンや粒子がまだ少し見える場合は、カラー設定をさらに調整してください。 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?