クリップアートについて

かつてMicrosoft Wordでプロジェクトを作成するときには、誰もが「クリップアート」を使用しました。「クリップアート」とは作画に利用できる既成のイラスト集です。通常クリップアートの画像は、手書きや簡略化されたマークなどがデジタル化され幅広い用途にすぐ使用できます。多くの人々はまた90年代のWordクリップアートを覚えていると思いますが、時代遅れになったこれらの画像は、メディアが今日できることの小さな一歩でした。その時代からずっと変わらないことは、クリップアートのコレクションはイラストのみで写真がないことです。


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます。ライブラリのコレクションをご覧ください

「クリップアート」という名前の由来はなんでしょうか?
文字が示すとおりです ー クリップアートとは、もともと雑誌や他の印刷物からカットされた画像で、さまざまなプロジェクトでの再利用が目的でした。コンピュータによる画像処理ができるようになるまでは、デザイナーが印画紙に絵を貼り付けてイーゼルに固定し、ページの写真を撮影していました。撮影したネガフィルムで複製用のメカニカルプレートを作成していました。

実に長い間、このような「貼り付け」による処理が続けられていたのです。今日のコンピュータ社会では、好きなように詳細なクリップアートを簡単に導入できます。インターネットの発達も、従来のクリップアート配信システム(Microsoft OfficeやCDライブラリなど)を純粋なオンラインベースに移行させ、シンプルなShutterstock検索で100万を超える画像を検索することができます。

クリップアートが他の画像より使用されている理由
用途によっては、ストック写真が正しい選択ではない場合があります。クリップアートの場合、非常にカリカチュア的な要素が強く、それがより普遍的なイメージを導き出しやすいことがあります。たとえば、笛を吹く警官、将来の成長を指す色とりどりの矢など、特定のイメージではなく誰もが同じイメージを持つことができます。さらに、クリップアートはプロジェクトのレイアウトに簡単に配置できるように設計されています。ストック写真の四角形のエッジとは異なり、クリップアートはテキスト本文内に透過的に配置することができるため、クリップアートのさまざまな形状を利用してグラフィックデザイナーはより魅力的なページを作成することができます。

クリップアートファイルはどのような形式ですか?
主な形式は2つです:

  • JPEG:JPEGのラスター画像は、全体的な画質を変更することなくサイズ変更することはできません。そのため、スムーズで鮮明な画像の場合、十分な高い解像度が必要になります。ファイル拡張子は「.jpg」または「.jpeg」を使用します。

  • ベクター:既定のピクセルの代わりに、個別の形状の配列でベクターアートが作成されます。画像のサイズにかかわらず、常に鮮明に見えます。これは、ファイルが実際にはイラストの外観を持つ幾何学的なデータであるためです。ベクターファイルを開くには、Adobe Illustratorなど、この形式を処理できるクリエイティブなソフトウェアが必要です。ベクターは一般にファイル拡張子「.eps」または「.svg」を使用します。

では、クリップアートとベクター画像に違いがあるでしょうか。
すべてのベクター画像は技術的にはクリップアートと呼ぶことができますが、すべてのクリップアートがベクターではありません。Shutterstockではほぼすべてのクリップアート画像をJPEG形式とベクター形式でダウンロードすることができます。

クリップアートの一番効果的な使用方法は?
次回のプロジェクトでクリップアートとストック写真の組合わせを模索している場合でも、次の代表的な用途でクリップアートの効果が際立ちます。

  • 雑誌

  • インフォグラフィック

  • ビジネスプレゼンテーション

  • モバイルアプリのアイコン

  • ウェブサイトテンプレート

  • ブランド化/ロゴ

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?