エディタの詳細フィルターについて

優れたデザインはすぐに分かります。そうしたデザインは興味深く、人目を引き魅力的です。しかし、優れた画像を見分ける方法は分かっていても、自分で優れた画像を作成するのはどうでしょうか。Shutterstockエディタでは、アイデアをコンセプトから完成品にするために必要なすべてのツールを提供します。ユニークな画像を作成する最良の方法の1つは、フィルターのような機能を使用して刺激的なデザインを作成することです。Shutterstockエディタでは、幅広い基本フィルターと詳細フィルターを使用して、目的の効果を達成できます。グラフィックデザインツールを最大限に活用するには、次の方法をチェックして画像に詳細フィルターを適用し、芸術作品にブラッシュアップしてください。
 
1. 基本から開始する
作品に初めてフィルターを使用する場合は、基本から開始しましょう。Shutterstockグラフィックデザインツールには、10種類以上のフィルタープリセットが用意されています。デザインに白黒画像が必要な場合は、カーボンフィルターが適しています。十分な明るい外観が必要な場合は、zincもnickelもどちらも魅力的です。基本の[フィルター]タブには、オブジェクトツールバーの横の重なり合う円アイコンをクリックしてアクセスできます。フィルターはスタイリッシュな効果で作品を一変させることができるので、魅力的なデザインを作成したいときに便利です。
 
2. フィルター調整を使用する
Shutterstockエディタで、自分の画像をインポートして編集したり、Shutterstockのライブラリから入手可能な無数のロイヤリティフリーのイラスト、ベクター、写真の1つを使用したりできます。Shutterstockのグラフィックデザインエディタは、強力で、しかも使いやすいツールを提供します。また、詳細フィルターも大変有用な機能の1つです。基本フィルターをマスターしたら、作業領域で詳細フィルターを試してみましょう。詳細フィルター設定には、[フィルター]タブの横にある[詳細]タブをクリックするとアクセスできます。[詳細]タブには、画像の明るさ、彩度、コントラストの制御のみでなく、ビネット(縁取り)、ぼかし、露出の効果を調整できるスライダーがあります。
 
3. プレビューモードを使用する
画像エディタで提供される詳細フィルターの効果を試し始めると、作業領域の右下に[プレビューモード]というトグルスイッチがあることに気付くでしょう。このスイッチは、作業している画像の効果を表示することができます。プレビューモードをオンにすると、変更内容をリアルタイムで確認し、適用するフィルターと詳細効果を効率的に選択できます。
 
4. 無限の組み合わせを楽しむ
Shutterstockのデザインツールとその詳細フィルターの最大の利点は、選択の必要なオプションがたくさんあることです。中でも非常に優れているのは、詳細フィルターを他のフィルターと一緒に適用できる点です。これは、満足できる見栄えになるまで、詳細フィルターと効果を混在させることができることを意味します。無限な組み合わせは、直感的で効率的な作成を限りなく可能にします。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?